コラム

TOKYO EYE 東京に住む外国人によるリレーコラム

都会に残るプチ神社に息づく伝統の美学

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔4月15日号掲載〕  私は東京で暮らすうちに、街を全速力で移動する方法を身に付けた。ここではやるこ

2014.04.21

来日26年目で発見した日本人の大きな変化

今週のコラムニスト:李小牧 〔4月8日号掲載〕  前回のこのコラムで、私は日本国籍を取得して政治家への道を目指すと宣言した。想定外の内容に「

2014.04.14

カジノ合法化より問題? 日本人のギャンブル好き

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔4月1日号掲載〕  日本で今、国会議員がこぞって取り組んでいるのに国民の間ではまったく話題になってい

2014.04.09

日本の学校教育に足りないのは万年筆だ

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ [3月25日号掲載]  娘が小学校を卒業するお祝いに、万年筆を贈ることにした──友人からある日

2014.03.31

大雪が見せてくれた東京の「別の顔」

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔3月18日号掲載〕  多くの東京人と同様に、私も通勤の大変さについてはたびたび文句を言ってきた。だ

2014.03.25

日中の裏の裏を知る歌舞伎町案内人の決断

今週のコラムニスト:李小牧 〔3月11日号掲載〕  歌舞伎町案内人は先月、日本を初めて訪れた中国人学生50人を福島県に「案内」した。中国留学

2014.03.17

世界に誇る地下鉄の一元化に大賛成!

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔3月4日号掲載〕  東京の地下鉄には、どんな都市も嫉妬するだろう。ほとんどの駅は私の家のキッチンより

2014.03.13

真冬を彩る「日本的な」2つのフェスティバル

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ [2月25日号掲載]  遠い昔、若き日の私はバレンタインデーを心待ちにしたものだ。イギリスでは

2014.03.03

駅の「南北理論」が通用しなくなった東京

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔2月18日号掲載〕  初めて東京にやって来たとき、新しくて複雑な環境を理解するために自分なりの理論

2014.02.24

歌舞伎町案内人はあの遊就館をどう観たか

今週のコラムニスト:李小牧 〔2月11日号掲載〕  このコラムで先月、中国の防空識別圏設定のお陰でぎくしゃくする日中関係を打開するため、安倍

2014.02.17

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!