Newsweekとは

デジタル版

Newsweek日本版 デジタル版
見逃していた特集も、保存版にしておきたいあの号も、デジタル版なら、バックナンバーのご利用が便利です。
あれから1年。いま改めて読みたい、ジョブズについて。
テクノロジーからキーパーソンまで、デジタル界の新秩序をウォッチ。

『ニューズウィーク日本版』は、デジタル版でもご購読いただけます(400円/税込)。
PC、スマートフォン、iPadなどの電子端末で、インターネットに接続できる環境なら、いつでもどこでも閲覧することができます。自宅やオフィス、出張先でデジタル版をお楽しみください。

『ニューズウィーク日本版』デジタル版は、下記の書店で

Amazon Kindle
Kindleで購入
MAGASTORE
マガストアで購入
Fujisan.co.jp
Fujisanで購入
BookLive!
BookLive!で購入

デジタル版の定期購読については、こちらから

Newsstand
Newsstandで購読
Fujisan.co.jp
Fujisanで購読

※デジタル版に関する仕様、その他の疑問は、それぞれのインターネット書店サイトでご確認ください。

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官房長官、ネット上の噂を否定

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 5

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 6

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    中国、感染しても無症状者は統計に反映せず 新型コロ…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 8

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 9

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 10

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!