最新記事
韓国

韓国政治がスキャンダルに沈む...尹錫悦大統領の「ディオール論争」と、野党代表の「不正・収賄疑惑」

2024.02.21
中国

「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、その数546種類。「包子」「小学博士」「2-4-2」...

2024.02.21
中国経済

中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? 欧米当局が警戒

2024.02.21
野生生物

レアな白いワニに緊急手術...体内から70枚の硬貨を摘出

2024.02.21
アウディーイウカ

アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦線維持に不安

2024.02.21
野生生物

【画像】白い体に青い目を持つレアなワニ...体内から摘出された70枚の硬貨

2024.02.21
ウクライナ戦争

アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラが捉えた緊迫の戦闘シーン

2024.02.21
ウクライナ戦争

【動画】アゾフ旅団がロシア軍陣地で「闇討ち」...暗視カメラが捉えた緊迫の戦闘シーン

2024.02.21
起業

2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

2024.02.21
社会格差

日本は家庭環境による格差への認識が薄い社会

2024.02.21
軍事

中国の軍事費、前年比5.4%増...インド太平洋での長期戦を見据えて進めていること

2024.02.21
音楽

中国に愛された坂本龍一の「ラストエンペラー」は中国音楽か日本音楽か

2024.02.21 
X

ナワリヌイ夫人のXアカウント一時停止、システムが規則違反と誤認

2024.02.21
中国経済

ドル下落、中国による追加刺激策への期待で(NY外為)

2024.02.21
台湾海峡

台湾、中国海警局の艦船追い払う 金門島付近で緊張高まる

2024.02.21
ウクライナ戦争

ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

2024.02.20
気球

台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

2024.02.20
ウクライナ

【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

2024.02.20
日本企業

サブカルの発信地「ヴィレヴァン」、気付いたらマズいことに ドンキに差を付けられた根本理由とは?

2024.02.20
注目ニュースを動画で解説

「ガザにいない幹部を殺害せよ」とモサドに命令...ハマス一掃作戦の舞台になるのはどの国?【アニメで解説】

2024.02.20
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 8

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中