最新記事

カルチャー

アニメ

「次世代に伝える価値がある」新作アニメ『X-MEN '97』の売りはノスタルジーだけじゃない

2024.04.22
英王室

メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取った4人は誰?...「お友達サークル」が判明

2024.04.21 
ヘルス

米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ水着ショットに、「有害」「残念」の声が集まったワケ

2024.04.20
映画

『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名様ご招待

2024.04.20PR
英王室

シャーロット王女の「プロフェッショナルぶり」に賞賛の声...暴風の中で魅せた「最高のお手振り」

2024.04.20 
アメリカ

ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子供を「蹴った」年配女性の動画が大炎上 「信じ難いほど傲慢」

2024.04.20
英王室

【動画】暴風の中でも「完璧なお手振り」...シャーロット王女の「究極のプロフェッショナリズム」が話題に

2024.04.20
セレブ

「気分悪いから母乳飲んだ」コートニー・カーダシアン独特の健康法にネット驚愕 「試す価値ある」と興味示す声も

2024.04.19
セレブ

【写真】「気分悪いから母乳飲んだ」とインスタ投稿...コートニー・カーダシアンの「トップレスにヒール」で搾乳する姿

2024.04.19
エンタメ

米中韓が熱視線...アフリカの音楽産業が「いい投資先」と言えるこれだけの理由

2024.04.18
ファッション

「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

2024.04.17
私的映画論 森達也

『続・激突!カージャック』はスピルバーグの大傑作......なのに評価が低いのは?

<スティーブン・スピルバーグ監督の『続・激突!カージャック』は、『ジョーズ』に並ぶ素晴らしい作品。現代アメリカのさまざまな断面を描き、ラスト

2024.04.17
ファッション

【画像】ジュリア・フォックス「毛むくじゃら乳首ブラ」と「縫った女性器パンツ」の衝撃...過激すぎるビキニ姿で大炎上

2024.04.17
音楽

20世紀を代表する楽曲「ラプソディー・イン・ブルー」は黒人音楽の盗用なのか

2024.04.16
映画

ロックンロールの帝王を捨てた女性の物語、映画『プリシラ』が描くエルヴィスへの愛と別れ

2024.04.16
スキャンダル

天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

2024.04.15
イギリス

キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテシー」をマスターしたシャーロット王女の仕草が話題に

2024.04.14
英王室

キャサリン妃とメーガン妃の「本当の仲」はどうだったのか?...写真で振り返る

2024.04.14
カルチャー

ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限らない」と投稿...ラドクリフとワトソンとの対立が表面化か

2024.04.13
英王室

「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女王はなぜ「白い服」で結婚式に参列したのか

2024.04.13
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    低すぎる出生率で迷走...中国政府は「中絶禁止」に向…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 8

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 9

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 10

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story