韓国社会

受験地獄、大学で終わらない韓国 企業面接で「AI」に高評価されるための講座がブーム

2020.02.19
韓国映画

『パラサイト』を生ませた女──韓国映画の躍進を支えたある女性の奮闘記

2020.02.19
2020米大統領選

サンダースが推すアメリカ版「国民皆保険」は、社会主義どころか大きなコスト削減につながると新研究

2020.02.19
感染症対策

新型ウイルスPCR検査「1日3000人可能」 厚労省発表に検査機関から疑問の声

2020.02.19
英王室

英王室メンバーが低所得層の町の公営住宅に。屈指のユーモア小説が示すのは......

2020.02.19
スポーツ

女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニング

2020.02.19
映画

セクハラと闘う女たちに私が100%は共感できない訳

2020.02.19
感染症

クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

2020.02.19
訴訟

アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産を巡り揺れる遺族

2020.02.19
2020米大統領選

ブルームバーグは打倒トランプの救世主か、民主主義を破壊する億万長者か

2020.02.19
英王室

ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

2020.02.19
基礎知識

松之丞改め六代目神田伯山の活躍まで、講談は消滅寸前だった

2020.02.19
自己啓発

誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」の能力を鍛えれば

2020.02.19
ライフスタイル

スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

2020.02.19
感染症

横浜クルーズ船からの乗客下船、19日は約500人

2020.02.19
新型コロナウイルス

中国、新型ウイルス死者2000人突破 新規の感染者は1月末以来の低水準に

2020.02.19
ビジネス

新型コロナウイルス、世界経済への余波顕著に 各国が相次ぎ景気支援策

2020.02.19
ホワイトハウス

トランプは安全保障よりビジネス優先? 「中国に米国製エンジン売却を」

2020.02.19

コラム

中国の時代が去っても、グローバリゼーションは終わらない

2020.02.19 

「息子が指しゃぶりをやめません」もうすぐ12歳なのに......

2020.02.19 

感染症予防の意識が低すぎる日本企業の「働かせ方」にも改革が必要だ

2020.02.19 

英国は米国と不平等な犯罪人引き渡し条約を結ばされている

2020.02.19 

バカ売れ『反日種族主義』の不可解な二枚舌

2020.02.18 

愛国者にも忌み嫌われる「中国赤十字会」というウイルス

2020.02.18 

トランプ中東和平案「世紀の取引」に抵抗しているのは誰か

2020.02.18 

大富豪ブルームバーグが、民主党予備選を勝ち抜く可能性は?

2020.02.18 

トランプが壁ドンして言ったこと(良いトランプ・ジョーク)

2020.02.17

日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

2020.02.17

アフリカで初の新型コロナウイルス感染者、医療ぜい弱な大陸は大丈夫なのか

2020.02.16

「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって普通?

2020.02.14

マクロンも羨む日本の定年引き上げ、フランスで「70歳定年」とは絶対に言えない

2020.02.14

賞味期限切れの「ご隠居」政治家が集う、EUよさらば

2020.02.14

AI時代の最重要スキルは「自分とつながること」──『人生の目的の見つけ方』に学ぶこれからの生き方

2020.02.14

『長生きできる町』から健康寿命を考える

2020.02.13

民主党予備選、穏健派がどの候補に一本化できるかが今後の焦点

2020.02.13

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 3

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

  • 4

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

  • 8

    新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 6

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

  • 9

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 10

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!