俳優

「世界一セクシーな男」が次にやりたいのは恋愛コメディー

2019.08.17
LGBT

女子学生のレスビアン小説、大学当局が削除命令 多様性と寛容が消えゆくインドネシア

2019.08.16
ロボット

世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

2019.08.16
野生動物

世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

2019.08.16
映画監督

注目ホラー『ミッドソマー』の監督が自作を語らない理由

2019.08.16
アメリカ経済

ビジネスマン大統領トランプ、領土拡大でグリーンランド購入を検討?

2019.08.16
インド

不寛容な排他主義:カシミールの自治を剥奪したモディには「裏の顔」がある

2019.08.16
日朝関係

「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安倍首相に要求すること

2019.08.16
アメリカ社会

「アメリカはもはや正義ではない」米学生の6割

2019.08.16
香港デモ

香港富豪の李嘉誠「愛で怒りを鎮めよ」と意見広告 抗議デモの混乱受け

2019.08.16
北朝鮮

金正恩またミサイル発射 韓国・文在寅の対話呼びかけも拒否

2019.08.16
パックンのお笑い国際情勢入門

日韓、香港、米中......あなたも世界の動きと無縁ではない。トランプの嘘とも

2019.08.16
中国

変装香港デモ隊が暴力を煽る――テロ指定をしたい北京

2019.08.16
中東

英領ジブラルタル、イランタンカー解放決定 米は拘束延長を要請

2019.08.16
コロンビア大学特別講義

慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危険性

2019.08.15
人権問題

香港境界で中国武装警察が演習 抗議デモ隊をけん制

2019.08.15
コロンビア大学特別講義

9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当化してきた理由

2019.08.15
寄生虫

寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

2019.08.15

コラム

【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる

2019.08.16 

戦争のトラウマがない新しいセルビア映画を作る『鉄道運転士の花束』

2019.08.16 

香港に迫る習近平の軍隊、人民武装警察とは何者なのか

2019.08.16 

戦争による膨大な死の記憶とどう向き合ったらいいか、8月15日に考える

2019.08.15

アングロサクソンモデルの黄昏──「対米従属」日本が打つべき次の一手は

2019.08.15

AIが作った香水、ブラジルで発売

2019.08.15

「命のビザ」杉原千畝氏とユダヤ人少年が灯したロウソクの火を消すな

2019.08.15

Facebookの仮想通貨リブラに、各国の通貨当局はなぜ異様なまでの拒絶反応を示しているのか?

2019.08.14

民主党女性議員4人組「スクワッド」とトランプは似たもの同士

2019.08.14

2024年五輪開催をテコに生まれ変わるパリがすごい!

2019.08.14

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(5)─政府予算制約の無用論と有用論

2019.08.13

アメリカと中国を天秤に掛ければいいのか? 日和見で日本が失う自由と民主主義

2019.08.13

未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メディアが大騒ぎする理由

2019.08.13

人民元安をもたらしたのは当局の操作か、市場の力か?

2019.08.10

MMT(現代貨幣理論)の批判的検討(4)─クラウド・アウトが起きない世界の秘密

2019.08.08

AIが医師より48時間早く急性腎障害を検知=グーグル傘下のディープマインド

2019.08.08

イラン「CIA協力者を逮捕、死刑宣告」を元CIA工作員が検証する

2019.08.07

ニュース速報

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!