ゲーム

戦国忍者の痛みを体感、難し過ぎてファン急増中の最新ゲーム『SEKIRO』

2019.06.26
日本社会

未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

2019.06.26
貿易戦争

G20大阪サミット、首脳宣言の原案に「自由貿易促進」記載で調整

2019.06.26
航空機

自動車に続いて航空機にも電動化の波 CO2排出削減の切り札になるか?

2019.06.26
東京五輪

東京五輪の国内企業協賛金、過去最高額の3倍に 32社30億ドル超=IOC

2019.06.26
ヘルス

英国の公的医療機関で採集した虫から抗生物質に耐性を持つ細菌が見つかる

2019.06.25
東南アジア

喧伝される「勝利」に潜む、フィリピン麻薬戦争の暗い現実

2019.06.25
ノルウェー

世界初「時間のない世界」へようこそ、北極圏の島が名乗り

2019.06.25
富裕税

米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

2019.06.25
統計

主催者200万人・警察33万8千人と食い違う香港デモ参加者数 正しいのはどちら?

2019.06.25
サイバー戦争

米サイバー軍はイラン革命防衛隊に報復攻撃したのか

2019.06.25
サミット

G20大阪サミット、目立つ参加国の亀裂 首脳宣言よりトランプ=習近平会談が目玉?

2019.06.25
自動車

日産株主総会でルノーが「棄権」? 新体制が抱える妥協人事のリスク

2019.06.25
中東

トランプ、イラン最高指導者ハメネイ師らに制裁 数十億ドル規模の資産凍結

2019.06.25
アメリカ社会

米中摩擦のアメリカ農家に光明? 大麻の原料ヘンプは救世主か

2019.06.25
フィンテック

キャッシュレス化が進むインドネシア 配車サービスGOJEKが社会を変える

2019.06.24
水危機

200人以上死亡の熱波につづき、インドの水不足が深刻

2019.06.24

コラム

二大政党制が日本で根付かないのは「残念なリベラル」のせいなのか

2019.06.25 

フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

2019.06.25 

「ブラック労働」必至の英首相になぜなりたがる?

2019.06.25 

泥沼化する米中貿易戦争とファーウェイ「村八分」指令

2019.06.24 

イラン攻撃を命令しながら直前に撤回したトランプ――気まぐれか、計算か?

2019.06.24 

「限界まで働きたい」エクストリーム・ワーカー(Xワーカー)たちの居場所

2019.06.21

「動物が重要な役割を担う」フランス人写真家を魅惑した東南アジアの日常

2019.06.21

ニューズウィーク日本版は、編集記者・編集者を募集します

2019.06.20

2000万円不足問題をめぐる日本の「年金デモクラシー」は成熟? それとも未成熟?

2019.06.20

FOMC利下げ示唆、ポイントは2つ

2019.06.20

天安門事件30周年や香港デモに無言の日本――「中国への忖度」か?

2019.06.20

次期英首相最有力、ボリス・ジョンソンは国をぶっ壊しかねない問題児

2019.06.19

トランプはDデー精神を守れない(パックン)

2019.06.19

民衆法廷「中国は犯罪国家」と断罪 「良心の囚人」からの強制臓器収奪は今も続いている

2019.06.19

モルシ政権の運命が米中東政策に及ぼした影響

2019.06.18

高度移民だけの受け入れは可能なのか? 「魅力のない国」日本に足りないもの

2019.06.18

こびる習近平をプーチンは冷笑? 中国・ロシア「対米共同戦線」の同床異夢

2019.06.18

ニュース速報

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 5

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工…

  • 6

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    トランプの対中貿易戦争に巻き込まれた「勝ち組」と…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    南アフリカのランド、新興国通貨「売り」一番の標的に …

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!