感染症対策

ファイザー製コロナワクチン、長めの接種間隔で抗体増加

2021.07.23

東京五輪関係者のコロナ感染、新たに陽性者19人 合計100人超える

2021.07.23
アジアンドキュメンタリーズ

アジアンドキュメンタリーズが本とコラボ 広島 蔦屋書店で文学コンシェルジュが企画したフェアが大反響

2021.07.14PR
World Voice

歴史的な洪水がベルギーやドイツを襲う。待ったなしの気候危機

2021.07.23
米軍

米軍のアフガン撤退は中国との競争に集中するため? 判断は本当に正しいか

2021.07.22
トラベル

世界で最も静かな場所...深遠なる静寂が広がる「音の絶景」10カ所

2021.07.22
キューバ

キューバ「カリブの春」が独裁を打倒するのに、決定的に欠いているもの

2021.07.22
ハンガリー

少数派「いじめ」の強化で、権力にしがみつくハンガリーの「独裁者」

2021.07.22
セレブ

ブリトニー・スピアーズ、最悪の独占取材を経験した記者が語る2007年の真実

2021.07.22
国際情勢

モーリー・ロバートソンが斬る日本メディアと国際情勢

2021.07.22
感染症対策

コロナワクチン、デルタ株にもほぼ同等の効果=研究結果

2021.07.22
災害

中国河南省「1000年に1度」の豪雨 25人死亡、約10万人避難

2021.07.22
スポーツ

「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

2021.07.21
スポーツ

「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

2021.07.21
未来予測

人類は2040年代をピークに破滅? 世界に衝撃を与えたレポート「成長の限界」を再検証

2021.07.21
東京五輪

東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッダーになる?

2021.07.21
香港

香港よ、変わり果てたあなたを憂いて

2021.07.21
シリア

収容キャンプで暮らす「イスラム国」女性たちのスレッドの意外な内容

2021.07.21
パンデミック

インドネシア政府、コロナ規制強化策を5日間延長へ 抜本的対策なく国民に不信感

2021.07.21

コラム

中国がやってきて、香港は一夜にして「殺された」──リンゴ日報廃刊までの悪夢を幹部が語る

2021.07.23 

最低賃金の日韓逆転は遠くない?──2022年は両国とも引き上げを決定

2021.07.23 

国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

2021.07.23 

「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

2021.07.23 

ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消える」アフリカ系アスリートたち

2021.07.23 

大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すでに上回った部分

2021.07.23 

「世界中でアメリカ大使が不在」で考える大使の存在意義

2021.07.22 

棋士は感情をどうコントロールしているか、直観は正しいか、投資に生かせるか

2021.07.21

東京五輪に1300億円支払っている米NBC、その報道姿勢が意外に冷静な理由

2021.07.21

中国共産党と中国人を区別して考えてはならない

2021.07.21

日本のリベラルメディアは和平が嫌い? 中東の新時代を認めたくない理由

2021.07.21

社会から「変態」と差別されても、中国LGBT団体が政府を熱烈擁護する謎

2021.07.20

コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...これで経済が上向く?

2021.07.20

オピオイド依存症の深刻な社会問題を引き起こした、サックラー一族の壮大な物語

2021.07.20

加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

2021.07.20

中国のハッカー攻撃を米欧日が非難、狙いは南シナ海の制海権と感染症情報

2021.07.20

菅政権の浮沈を左右する「40%の壁」とは?

2021.07.19

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 5

    五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

  • 6

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 7

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 8

    人類は2040年代をピークに破滅? 世界に衝撃を与え…

  • 9

    マクドナルド化する医療「それが、あなたに最適な治…

  • 10

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 7

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 8

    BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

  • 9

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 10

    五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中