資本主義

さよならGDP 「ニューエコノミクス」は地球を救うか

2019.05.19
宗教

「聖地火災」を西欧・イスラム協力の契機に

2019.05.18
中東

サウジ船攻撃、イラン革命防衛隊関与か ノルウェー保険会社が調査報告書

2019.05.18
イラン

イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

2019.05.17
動物

イヌはオオカミから進化した最強のパートナー

2019.05.17
地質学

ツタンカーメンのスカラベのパワーストーンは、隕石衝突によって生成されていた

2019.05.17
動物

絶滅危機から「ハリネズミ戦争」での肥満まで──欧州ハリネズミの受難

2019.05.17
キャリア

中途採用者の能力をすばやく発揮させる手法「オンボーディング」とは何か

2019.05.17
殺人事件

シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って胎児奪う

2019.05.17
暴力

性的暴行の衝動70%抑制 キレやすい人の衝動には電気刺激が効く?

2019.05.17
疑惑

役人と企業に富、人民には飢えを 中国×ベネズエラ事業「負の遺産」

2019.05.17
環境

「ヘッチヘッチ論争」を知らずして、現代環境問題は語れない

2019.05.17
ヨーロッパ経済

トランプの貿易戦争、欧州にも火の手? 自動車など「脆弱性」浮き彫り

2019.05.17
フィリピン

比ドゥテルテ、産廃ゴミ回収の約束守らぬカナダに激怒? 大使と領事に帰国命令

2019.05.16
テクノロジー

[動画] ノコギリみたいな翼で飛ぶ! 独「空飛ぶタクシー」初飛行に成功

2019.05.16
中国経済

中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金が親に降りかかる

2019.05.16

コラム

移民はまとめて「聖域都市」へ、トランプの奇策に問題点

2019.05.18 

【欧州議会選】英国の2大政党は大敗か?──新党「ブレグジット党」は10万人の支持獲得

2019.05.17

【写真特集】「男は青、女は赤」を考える

2019.05.17

20年を経て見直しの時を迎えた日本の司法制度改革

2019.05.17

大聖堂崩落が告げる「欧州の終焉」......しかし西欧的価値観の輝きは永遠に

2019.05.17

東ドイツの「過去の克服」を描く『僕たちは希望という名の列車に乗った』

2019.05.16

AI時代にGAFAへの一極集中はありえない

2019.05.15

アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

2019.05.15

ポスト終身雇用を成功させる5つのポイント

2019.05.14

日本でテロの脅威は増したのか スリランカの惨劇から学べること

2019.05.13

9.11からスリランカテロまで──ムスリムエリートのゆがんだ使命感

2019.05.11

【写真特集】人類と自然の衝突が生む「空虚」

2019.05.10

サイバー攻撃にミサイルで対抗──イスラエルはサイバー・ルビコン川を渡ったか

2019.05.10

トランプは「弾劾絶壁」に立たされている?(パックン)

2019.05.09

シリコンバレー有力者の集まるTEDで彼女はフェイスブックを断罪した/as it stands(現状では)

2019.05.09

新天皇・新皇后が「国際派」に慌ててイメチェンするのは危険だ

2019.05.09

日本が目指すべき「ジョブ型雇用」とは、会社と貸し借りをしないこと

2019.05.09

ニュース速報

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

  • 2

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 3

    違法操業の外国漁船は沈没させよ インドネシア強硬派大臣は「女ゴルゴ13」

  • 4

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    「ヘッチヘッチ論争」を知らずして、現代環境問題は…

  • 7

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 8

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 9

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!