感染第4波

東京都7日のコロナ感染907人、重症者69人 緊急事態宣言延長、百貨店などの休業要請を継続

2021.05.07
英会話

日本人が英語を話せないのは、とっさに使える「武器センテンス」を持っていないから

2021.05.07
女性問題

プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺害された若き女性の悲劇

2021.05.07
World Voice

新型コロナワクチンの接種が進むベルギー、そして世界を見れば

2021.05.05
韓国ドラマ

激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』は韓国非地上波の歴代最高視聴率も更新した

2021.05.07
動物

ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であっても 

2021.05.07
感染第4波

大阪府、7日のコロナ感染1005人 死者は50人で過去最多に

2021.05.07
豪中関係

オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

2021.05.07
新型コロナウイルス

新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス」になると考えられる2つの理由

2021.05.07
パンデミック

インド、コロナ新規感染41万4188人で過去最多更新 ワクチン接種ペースに急ブレーキ

2021.05.07
中国

コロナ張本人、「中国点火vsインド点火」の罪と罰

2021.05.07
アジア

利権がつなぐ日本とミャンマー「独自のパイプ」 ODAビジネスの黒幕と国軍トップがヤンゴン商業地開発で合弁事業

2021.05.07
SNS

ツイッター、トランプのメッセージをシェアするアカウントを停止

2021.05.07
感染第4波

緊急事態宣言、福岡と愛知を追加し5月末まで延長へ 百貨店などへの休業要請は緩和

2021.05.07
クリミア半島

米、ウクライナの安全保障強化へ支援も ロシアの「無謀な行動」に警告

2021.05.07
副反応

アストラゼネカのコロナワクチンによる血栓症、女性に多い=英当局

2021.05.07
東京五輪

ファイザー、東京五輪選手団にワクチン供与へ 東京到着前に2回接種完了でIOCと合意

2021.05.07
感染第4波

東京都6日のコロナ新規感染591人、前週比94.2%に低下 重症者72人

2021.05.06
感染第4波

大阪府、6日のコロナ感染747人 死者28人は過去3番目の多さ

2021.05.06

コラム

日本が完全に出遅れた第三次プラットフォーム戦争

2021.05.07 

インド首相はウイルスの「スーパー拡散者」──人災としてのコロナ蔓延

2021.05.07 

日米のコロナ対策に共通する「リスコミ」の問題点

2021.05.06 

オリンピックの競技連盟で権力を持ち始める、中国のスポーツ戦略

2021.05.06 

迫りくるもう一つの米中逆転

2021.05.05

スコットランド議会選 独立派が3分の2近く議席獲得か 英分裂の危機強まる EU離脱がナショナリズムに火を放つ

2021.05.05

菅政権「9月5日のパラ閉会後解散」という見立ての説得力

2021.05.04

「コロナ危機」に乗じた改憲を許すな

2021.05.03

コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

2021.05.03

石井聰亙『シャッフル』は特別で別格──走るチンピラと追う刑事、全力疾走の舞台裏

2021.05.02

学校が悲しい物語を課題図書にするのはなぜ?

2021.05.02

イスラエルはコロナワクチン接種の「成功例」か──捨てられる人々

2021.05.01

「コロナ対策でAIは期待はずれ」米ゲノム学の権威Eric Topol医師

2021.04.30

「免許返納したら移動手段がない」運転可否判断をめぐる日本の実情

2021.04.28

ドイツは「緑の首相」を選ぶかもしれない

2021.04.28

「日本を選んで失敗」...東京五輪関係者に甘く、留学生に厳しい日本政府のダブスタ

2021.04.28

中国製ワクチンを打った!副反応は? → 「偉大なる...」

2021.04.28

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 6

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 7

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    ジョークから生まれた仮想通貨ドージコインの時価総…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中