語学

VRで英語を学ぶ? 海外で暮らすような仮想体験ができる学習法

2019.04.26
日中関係

中国に懐柔された二階幹事長──「一帯一路」に呑みこまれる日本

2019.04.26
米大統領戦

米大統領選、バイデン出馬で身構えるトランプ

2019.04.26
世界が尊敬する日本人100人

遠藤謙、義足開発で起業し、目下の目標は「東京パラ金メダル」【世界が尊敬する日本人】

2019.04.26
モデル

59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

2019.04.26
米司法

トランプ「護衛官」、バー司法長官のロシア疑惑

2019.04.26
フランス

ノートルダム大聖堂、再建への道は遠い

2019.04.26
経営

「知財」は米中貿易戦争の原因とだけ思っている日本人が知るべきこと

2019.04.26
中国

天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅

2019.04.26
自然

人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

2019.04.25
韓国事情

観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞく競売に

2019.04.25
キャリア

元IBMの企業戦士、定年後に「保育士」を選んだ理由とは?

2019.04.25
サイエンス

英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

2019.04.25
ドキュメンタリー映画

言論バトル『主戦場』を生んだミキ・デザキ監督の問題意識

2019.04.25
アメリカ社会

高校の保護者向けに服装規定が必要になった理由

2019.04.25

意外? 家事やガーデニングなどの身体活動でも脳の老化が抑制できる

2019.04.25

コラム

中国が国を挙げて撲滅に取り組む「黒悪勢力」って一体誰のこと?

2019.04.25 

ムラー報告書公表から1週間、米政治の混迷はむしろ深まっている

2019.04.25 

【スリランカ】IS犯行声明は「次」の導火線になるか―パリから学べること

2019.04.25 

スペインに旋風を巻き起こす極右政党VOXは、「ネオナチ」というより「普通の市民」の顔をしている

2019.04.25 

パレスチナ問題の特殊性 中東全体の危機へと広がり得る理由

2019.04.25 

復活Vタイガー・ウッズは、アメリカンドリームの体現者

2019.04.25 

【保存版】平成30年間の新卒採用:人気企業、求人倍率、新入社員タイプ...

2019.04.24 

ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

2019.04.24 

「良いくどい人」と「悪いくどい人」

2019.04.24 

【写真特集】北極に訪れた不可逆な未来

2019.04.23

謎多きスリランカ同時多発テロ──疑問だらけの事件を振り返る

2019.04.23

福岡県新宮町で小学校校長が道路に勝手に引いた「停止線」のナゾ

2019.04.23

選挙の日に歩いた桜咲く渓谷と平成の町

2019.04.23

南シナ海「海上の長城」に対峙する台湾を、守るアメリカ、逃げる日本

2019.04.20

想定内だったムラー報告書、政治への影響は軽微か

2019.04.19

リビア内戦めぐりフランスとイタリアが対立──NATO加盟国同士が戦う局面も?

2019.04.19

ホームレスの猫たちに惚れ込んで... カザフスタンの旧市街にて

2019.04.19

ニュース速報

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 8

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 9

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴ…

  • 8

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!