感染症研究

コウモリコロナウイルス研究への助成中止、政治の気まぐれ介入に科学者は猛反発

2020.05.27
中国

WHO演説で習近平が誓ったコロナ後の「失地回復」

2020.05.27
中台関係

台湾・蔡英文「香港の活動家に人道援助提供する計画策定する」

2020.05.27
感染症

韓国、新型コロナ感染が疑われる小児重症例を確認 

2020.05.27
新型コロナウイルス

外国にいる恋人の呼び寄せ可、ただし「証拠」が必要 デンマーク

2020.05.27
感染症

東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

2020.05.27
フード

まずは食べること! 各国シェフの日々を彩るヘルシーな家庭料理

2020.05.27
日本政治

新型コロナ対応の第2次補正予算、1次上回る規模に増額 背景に安倍政権の国会会期延長回避

2020.05.27
コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学

アベノマスクと2008年金融危機、ゲーム理論で比べて見えたもの

2020.05.27
感染症

韓国で新型コロナ感染急増 ソフトバンク出資のネット通販「クーパン」流通施設で36人感染

2020.05.27
睡眠不足

アラフィフ女性の睡眠時間を奪う、早朝の子どもの弁当作り

2020.05.27
香港

中国、香港国家安全法の対象範囲を組織にも拡大

2020.05.27
感染拡大

インド、地方での新型コロナ感染拡大の危機 多数の出稼ぎ労働者が帰省

2020.05.27
コロナ不況に勝つ 最新ミクロ経済学

消費者が思うより物価は高い(コロナ不況から家計を守る経済学)

2020.05.27
日本経済

新型コロナ対策、第2次補正予算編成で事業費総額233.9兆円

2020.05.27
SNS

Twitterがトランプにイエローカード ツイートに初めて「真偽確認」警告

2020.05.27
2020米大統領選

米民主バイデン「マスクしないトランプは本当のばか、人命喪失招く」

2020.05.27
金融

根拠なき米国株上昇 市場が織り込む過度な景気回復期待

2020.05.27

コラム

時代遅れの日本の「カイシャ」は、新型コロナで生まれ変われるか

2020.05.27 

ステイホームの今こそ、家族と「#うちで話そう」──久保田智子とお母さんの対話

2020.05.27 

コロナ禍で失墜のプーチンに「抵抗力」あり

2020.05.27 

台湾と中国、コロナが浮き彫りにした2つの「中国語政権」の実像

2020.05.27 

バイデンの「トランプか私かを迷う黒人は黒人ではない」発言の衝撃

2020.05.26 

コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

2020.05.26 

新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返された悲劇

2020.05.26 

コロナ疲れのアメリカ人が求めるバラク・オバマという癒し

2020.05.26 

「コロナ後」メルケルはどう動く EUは更なる分裂を回避できるか

2020.05.25

検察と二つの民主主義

2020.05.25

【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩

2020.05.23

新型コロナで窮地の習近平を救った「怪我の功名」

2020.05.22

中国人も日本メディアを見ています

2020.05.22

中国人の記憶はたったの7秒? 政府批判も今や過去の話に

2020.05.21

職員123人が新型コロナで死亡、ニューヨーク地下鉄・バスの惨状

2020.05.21

中国への怒りを煽るトランプの再選戦略の危うさ

2020.05.20

「息子が感染し、娘は職を失った」元CIA工作員のコロナ在宅日記

2020.05.20

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?

  • 3

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 7

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!