フィリピン

殺りくの号砲響かせた「バランギガの鐘」 117年ぶりに米国からフィリピンに返還

2018.12.12
ベネズエラ

キューバ危機再び?ロシアが核爆撃機をベネズエラに派遣

2018.12.12
メンタル

ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候群」って何?

2018.12.12
睡眠

女性のベッドのお供は......人間ではなく犬がベスト!?

2018.12.12
ファッション

「服は毎日変えない」新常識に? 着るものの買い方、選び方は変わっていくか

2018.12.12
中国社会

「軟弱系」アイドル旋風に共産党は渋い顔?

2018.12.12
テロ

仏東部ストラスブールでテロ、3人死亡 逃走中の犯人は監視対象人物

2018.12.12
中国

華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

2018.12.12
難民危機

【写真特集】熱感知カメラが捉えた難民と苦境

2018.12.12
中国

ファーウェイCFO逮捕に報復? 中国当局、カナダ元外交官を拘束

2018.12.12
BOOKS

JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

2018.12.12
アメリカ外交

ファーウェイCFO逮捕にトランプ「安保や通商協議に進展のためなら介入」

2018.12.12
技術革新

【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらしていないのか?

2018.12.11
米軍事

アフガン介入17年、終わりなき泥沼

2018.12.11
韓国

北朝鮮への対応巡り韓国・文政権内に亀裂? 非核化交渉の妨げに

2018.12.11
人体

塩分の摂取過多が認知症リスクを高める!?腸と脳とのつながりについて解明すすむ

2018.12.11
サイエンス

キノコと細菌の共生が電気を生む

2018.12.11
オランダ

礼拝が続くうちは警官は入れない──6週間祈り続けで移民を強制退去から守る教会

2018.12.11

コラム

イギリスで「使い捨て」が流行語大賞になったわけ

2018.12.11 

3年目に向けて依然として先が見えないトランプ政権

2018.12.11 

産業革新投資機構の取締役に失望した

2018.12.11 

水道事業の民営化で水の安全が脅かされるという話の虚実

2018.12.11 

中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少数民族の悲哀

2018.12.11 

自主性のない部下より、自主性のない上司が増えている

2018.12.11 

中国当局がひた隠すスラム街の存在

2018.12.10

財政負担問題はなぜ誤解され続けるのか

2018.12.10

ロシアは島を引き渡さない 北方領土は現状維持で決着する

2018.12.08

「常識」を目指した故パパ・ブッシュが残した教訓

2018.12.07

トランプが戦没者墓地を訪問しなかった理由(パックン)

2018.12.06

中国が仕掛ける台湾人「転向」作戦

2018.12.06

【最新号】望月優大さん長編ルポ――「日本に生きる『移民』のリアル」

2018.12.06

水道法・入管法改正、なぜ野党の批判には説得力がないのか

2018.12.06

官製ファンドはすべて解散せよ

2018.12.06

国税庁が解くべき、税務に関する2つの誤解

2018.12.04

大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

2018.12.04

ニュース速報

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす人民解放軍

  • 2

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 3

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未接触部族」の権利

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 7

    【間違いだらけのAI論】AIはなぜ経済成長をもたらし…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!