フィンテック

キャッシュレス化が進むインドネシア 配車サービスGOJEKが社会を変える

2019.06.24
水危機

200人以上死亡の熱波につづき、インドの水不足が深刻

2019.06.24
米イラン関係

イランを核開発と戦争に駆り立てるアメリカ、タイムリミットは今月末?

2019.06.24
ペット

犬連れ参拝客に人気の神社が「ペット連れ禁止」の苦渋の決断

2019.06.24
セレブ

あのO.J.シンプソンがツイッターにデビュー「とても楽しいことになる」

2019.06.24
児童移民

トランプ政権が生んだ、命も危ない児童移民収容所

2019.06.24
米政治

オカシオコルテスの過激発言が波紋「まるで強制収容所」

2019.06.24
エジプト

エジプトの元大統領モルシの突然死に、トルコのムスリムたちが集結

2019.06.24
BOOKS

ラッパーECDの死後、妻の写真家・植本一子が綴った濃密な人間関係

2019.06.24
ブレグジット

英首相候補ジョンソン、条件なしで「10月31日にEU離脱」目指すと再表明

2019.06.24
香港

香港警察総部の壁に残された、卵の殻が意味するもの

2019.06.24
為替

南アフリカのランド、新興国通貨「売り」一番の標的に 人民元の代替通貨として取引の結果か

2019.06.24
米軍事

次期米国防長官代行は「中国脅威論者」 陸軍長官マーク・エスパーの横顔

2019.06.24
イラン

イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

2019.06.24
ヘイトスピーチ

「差別」投稿で選手を追放する危うさ

2019.06.22
ドラマ

人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』が問う、国と正義と人の倫理

2019.06.22
米軍事

トランプ、イラン攻撃取り消しは作戦開始10分前

2019.06.22

コラム

泥沼化する米中貿易戦争とファーウェイ「村八分」指令

2019.06.24 

イラン攻撃を命令しながら直前に撤回したトランプ――気まぐれか、計算か?

2019.06.24 

「限界まで働きたい」エクストリーム・ワーカー(Xワーカー)たちの居場所

2019.06.21

「動物が重要な役割を担う」フランス人写真家を魅惑した東南アジアの日常

2019.06.21

ニューズウィーク日本版は、編集記者・編集者を募集します

2019.06.20

2000万円不足問題をめぐる日本の「年金デモクラシー」は成熟? それとも未成熟?

2019.06.20

FOMC利下げ示唆、ポイントは2つ

2019.06.20

天安門事件30周年や香港デモに無言の日本――「中国への忖度」か?

2019.06.20

次期英首相最有力、ボリス・ジョンソンは国をぶっ壊しかねない問題児

2019.06.19

トランプはDデー精神を守れない(パックン)

2019.06.19

民衆法廷「中国は犯罪国家」と断罪 「良心の囚人」からの強制臓器収奪は今も続いている

2019.06.19

モルシ政権の運命が米中東政策に及ぼした影響

2019.06.18

高度移民だけの受け入れは可能なのか? 「魅力のない国」日本に足りないもの

2019.06.18

こびる習近平をプーチンは冷笑? 中国・ロシア「対米共同戦線」の同床異夢

2019.06.18

安倍首相はイラン訪問で日本の国益と国際社会の安定のために勇気を示した

2019.06.17

老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問題点

2019.06.17

本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知られざるバニラ戦争

2019.06.17

ニュース速報

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 4

    イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 8

    うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

  • 9

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 10

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 10

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!