最新記事

投資

プロ投資家が斬る 村上尚己

「円安を憂う声」は早晩消えていく

<日本の通貨当局は2年ぶりに2~3回にわたり8~10兆円規模の円買い介入に踏み出したとみられる。その後、米金利上昇がとまり円高圧力が和らぐ中

2024.05.16
株の基礎知識

いま買うべきは日本株か、アメリカ株か? 4つの「グラフ」から強さを比べる

2024.05.07
経済

日中韓の財務相・中銀総裁が会合──インフレリスク継続ふまえ、金融政策「引き締め」にも言及

2024.05.04
米金利

FRB「次の一手」、物価高止まりと大統領選接近で難しさ増すタイミング

2024.04.30
EV

米テスラ、新型モデル発売前倒しへ 他メーカーの「ハイブリッド優先」販売のため四半期は減収減益

2024.04.24
プロ投資家が斬る 村上尚己

円安を止めなければいけない理由は何か

<円安ドル高が進み、4月中旬から1ドル154円台で推移している。34年ぶりの水準まで円安が進む中で、メディアでは円安進行がセンセーショナルに

2024.04.22
株式投資

ヘッジファンドが株式投資に対して弱気に転換──ゴールドマン・サックス

2024.04.22
金融政策

日銀の植田総裁、物価上昇が続けば金利引き上げの「可能性が非常に高い」...国債買い入れの減額も(ワシントン)

2024.04.20
ビジネス

ネットフリックス、第1四半期の新規会員登録が予想を大幅に上回る...「三体」「グリセルダ」など配信開始

2024.04.19
投資

日本株、なお魅力的な投資対象 年初来の株高でも──市場関係者

2024.04.18
株の基礎知識

「資産運用は簡単」の時代が日本にも到来?...実は「株価上昇しか知らない」世代は15年前から増えていた

2024.04.10
商品市場

金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジストが予想

2024.04.08
マネー

キャッシュレス先進国アメリカで、「現金」が若者のトレンドに...大人たちからは「電子マネーを使え」の声

2024.04.04
中国経済

欧米企業、「中国事業」への慎重姿勢を崩さず...海外からの投資減少を食い止めたい中国政府の試みは不発か

2024.03.30
お金のまなびば! 藤野英人

最高値更新の日本株...「世界と闘う覚悟を持った経営者が日本に出てきた」藤野英人

<株価は絶好調。いよいよ日本がインフレの時代になるという期待が高まっている。『「日経平均10万円」時代が来る!』の著者、藤野英人氏が挙げる変

2024.03.26
プロ投資家が斬る 村上尚己

金利がある世界、過度な楽観は禁物

<日本銀行は3月19日に、マイナス金利含めた大規模な金融緩和手段の多くを止めることを決定。その意味を考える> 日本銀行は3月19日に、マイナ

2024.03.22
株の基礎知識

日経平均の最高値更新から見える、日本株市場の特殊さと「物足りない」と言わざるを得ない理由

2024.03.21
株式市場

「全巻まとめ買い」思惑で、ネット書店ストップ高...鳥山明さん死去発表、株式相場にも影響が

2024.03.09
プロ投資家が斬る 村上尚己

備えるべきは「止まらない円安」ではなく「円高」

<為替市場では1ドル150円付近の円安が定着し、今後も「円安が続く」との見方がメディアでは一段と増えている。また、「円が紙くず」になるまで通

2024.03.06
株式市場

米国株が続伸 S&P500とナスダックは、再び終値で「過去最高値」に...AI関連と半導体が相場を牽引

2024.03.02
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 6

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story