最新記事
ウクライナ戦争

ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像

Ukraine's Sea Drones Attack Russian Black Sea Fleet Base

2024年7月7日(日)13時20分
イザベル・ファン・ブリューゲン
ロシア黒海艦隊を攻撃するウクライナ水上ドローン

Fomin Roman/Shutterstock

<ウクライナ軍のドローン攻撃に苦しむロシア黒海艦隊は、クリミアの主要な海軍基地をほとんど放棄してノヴォロシースクなどに移動したとの情報も>

ウクライナ海軍の水上ドローンが、ロシア黒海艦隊の基地があるロシア南部クラスノダール地方ノヴォロシースクの港を攻撃したと、地元メディアが報じた。ロシアメディアはこの時の様子だとする映像を公開。ここには、モーターボートのような水上ドローンに向け、停泊中の艦船からおびただしい数の砲撃が行われるシーンが捉えられている。

■【動画】これが現代の「海戦」のリアルな映像...ロシア黒海艦隊の猛烈な砲撃を受けながら、突撃する水上ドローン

ロシアは昨年秋、2014年にロシアが併合したクリミア半島の奪還を目指すウクライナの攻撃を受け、多くの戦艦をクリミアからノヴォロシースクの基地に移動させている。

ノヴォロシースクのアンドレイ・クラフチェンコ市長は、7月3日朝に「無人艇による攻撃」があったと発表した。地元の複数のテレグラムチャンネルは、住民が爆発音を複数回聞いたと伝えた。クラフチェンコ市長は、「特に海沿いの堤防には行かないように」と警告した。

ウクライナはここ数カ月、水上攻撃ドローン「マグラV5」を使ったロシア海軍への攻撃を強化している。ウクライナ国防省情報総局は5月、これまでにロシアの艦艇に5億ドル相当の損害を与えたと発表した。

同局のアンドリー・ユーソフ報道官は、マグラV5は黒海艦隊を標的にする上で「ウクライナが持つ主要かつ最良の兵器」だと述べた。

ロシア黒海艦隊の3分の1が活動不能に

ロシア国防省は7月3日、ノヴォロシースクに向かっていたドローン2機が黒海で破壊されたと発表。これに対し、地元のテレグラムチャンネル「クリミアの風」は疑問を呈し、ノヴォロシースク港で発生した火災を示しているとする衛星画像を公開した。

「7〜12番バースと、港近くの会社で何かが燃えている」「(ロシアは)海上で水上ドローン2機が破壊されたと発表した。しかし、なぜか火災は陸上で起きている」と同チャンネルは伝えた。

昨年10月の衛星画像では、ロシアの艦隊がクリミアのセバストポリからノヴォロシースクに移動していることが明らかになった。ロシアの戦艦は、クリミア半島東部のフェオドシアの軍港にも向かっていた。

オープンソース・インテリジェンス(OSINT)の研究者MTアンダーソンが4月に公開した衛星画像では、黒海艦隊がクリミアの主要な海軍基地をほとんど放棄したように見える。

ウクライナ海軍の元報道官で、現在は同国南部防衛軍の報道官を務めるドミトロ・プレテンチュクは3月、「(ウクライナの)究極の目標は、いわゆるロシア連邦の軍艦がアゾフと黒海地域から完全にいなくなることだ」と述べた。

プレテンチュクは6月には、ニュースメディアのRBCウクライナに対し、ロシア黒海艦隊の3分の1が活動不能になっていると述べている。

2024071623issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月16日/23日号(7月9日発売)は「まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50」特集。万引大国アメリカ、月にクマムシ、ウクライナでワインツーリズム、欧州アフリカ海底鉄道…… PLUS クイズ50

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ウクライナ大統領と電話会談 「戦争終わ

ビジネス

日鉄、ポンペオ氏をアドバイザーに トランプ前政権閣

ワールド

〔情報BOX〕米民主34議員、バイデン大統領に撤退

ワールド

世界的システム障害、航空便や医療など影響多岐に 脆
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 6
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 7
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 8
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中