最新記事
ウクライナ戦争

ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「極超音速ミサイル搭載艇」を撃沈...当局が動画を公開

Russian supersonic missile-armed corvette destroyed in Crimea strikes—Video

2024年2月2日(金)20時23分
イザベル・ファン・ブリューゲン
ロシア黒海艦隊ミサイル艇にウクライナ海上ドローン攻撃

Vitaly Nevar-Reuters

<ロシア海軍「黒海艦隊」の極超音速ミサイル搭載コルベット艦「イワノベツ」を、ウクライナ海上ドローンが攻撃、撃沈させた>

ロシアの実効支配下にあるクリミア半島で1月31日、ウクライナ軍がロシア海軍「黒海艦隊」の極超音速ミサイル搭載コルベット艦を撃沈したことが分かった。ウクライナ国防省は攻撃の様子を捉えた動画を公開したが、そこには水上ドローンによるものと思われる攻撃でロシア艦が何度も爆発を起こし、最終的に船首を海上に突き出した格好で沈没していくシーンが収められている。

■【動画】水上ドローンの突撃攻撃で大爆発...露「極超音速ミサイル搭載感」を撃沈させる「攻撃映像」

同省の発表によれば、ウクライナ軍がクリミア半島南部セバストポリにあるロシア海軍の主要基地に近いベルベク軍用空港を攻撃した際に、ロシア海軍のミサイル艇「イワノベツ」も攻撃・破壊したという。

同省はソーシャルメディアに「今日の沈没船!」と投稿し、さらに「ウクライナ国防省情報総局の特殊部隊『グループ13』の戦士たちが、ロシア黒海艦隊のミサイルコルベット艦『イワノベツ』を破壊した」と書き込んだ。

「船体に何度も直接攻撃を受けた結果、イワノベツは損傷を受け、船尾方向に傾いた後に沈没した。イワノベツの価格は約6000万~7000万ドルだ」と同省はつけ加え、「戦士たちよ、よくやった」と称えた。

ロシアはクリミア半島と黒海上空でミサイルを迎撃と主張

同省はまた、攻撃の瞬間を撮影したものとする動画を公開した。この動画の信ぴょう性やイワノベツを破壊したとするウクライナ側の主張について、本誌は独自に確認を取ることができず、ロシア国防省にメールでコメントを求めた。これまでのところ、ロシア側からの返答はない。

これに先立ってウクライナ空軍のミコラ・オレシチュク司令官は、作戦を実行した特殊部隊に感謝を表明していた。彼はソーシャルメディアに投稿した動画の中で、「(作戦に携わった)兵士たちは胸を張って帰ってくるだろう」と述べた。

ロシア国防省は、クリミア半島への攻撃を阻止し、クリミア半島と黒海の上空でウクライナ軍のミサイル20発を迎撃したと主張。ウクライナ軍のミサイルの破片がベルベク軍用空港近くの軍用施設の敷地内に落下したと述べたが、軍用機などが損傷を受けることはなかったという。

イワノベツの破壊・沈没のニュースは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領にとって新たな打撃となる。プーチンが2014年に一方的にロシアに併合したクリミア半島の奪還を目指すウクライナ側は、今回の戦争で黒海艦隊を重要な標的としている。クリミアはロシア軍にとって、補給の重要拠点となっている。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と

ワールド

世界的システム障害、復旧になお数日か 米政権も調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 7
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 10
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中