最新記事
ウクライナ戦争

「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウクライナのドローンが、ロシア艦船を攻撃する瞬間

Ukraine Drones Use Flamethrowers on Russian Ships in Incredible Video

2024年1月5日(金)20時16分
ブレンダン・コール
海上ドローン「シー・ベイビー」

Security Service of Ukraine/Handout via REUTERS

<ウクライナの海上ドローン「シー・ベイビー」が、火炎放射器でロシアの沿岸船を攻撃する様子を捉えた映像が公開された>

ウクライナが、戦場で撮影されたドラマチックな動画を公開した。海上ドローンが火炎放射器を搭載し、ロシア艦船を攻撃した瞬間のものだという。この動画をアップしたウクライナ内務省のアントン・ゲラシチェンコ顧問によれば、「ウクライナのドローンとロシアの沿岸船が戦闘を繰り広げる珍しい映像であり、このような映像は史上初だ」という。

■【動画】「史上初」の映像...火炎放射器を搭載したウクライナ「海上ドローン」と、ロシア艦船の交戦の瞬間

船上から撮影された15秒間の動画には、空を横切る閃光が映っており、ゲラシチェンコは次のように説明している。「ウクライナのドローン『シー・ベイビー』がロシア船と対決。ドローンは方向転換し、火炎放射器で反撃した」

ウクライナのメディアは、ウクライナ保安庁(SBU)がシー・ベイビーを使って黒海の穀物輸送ルートを取り戻し、交戦地帯からウクライナの製品を輸出できるようになったと報じていた。ウクライナのニュースメディア「RBCウクライナ」によれば、シー・ベイビーは最大積載量が約860キロで、30万ドルの通信システムと火炎放射器を搭載しているという。

ロシアは2023年7月、黒海穀物イニシアチブから離脱し、その後、ウクライナのオデーサ港を爆撃したが、ウクライナは封鎖を回避し、国外への貨物輸送を続けている。

黒海でロシア船への攻撃を続けるシー・ベイビー

SBUのワシリ・マリュク長官は、報道機関ウクラインスカ・プラウダの取材に対し、海上でのドローンの使用を増やし始めていると述べ、シー・ベイビーの搭載機器は、エンジニア、IT専門家、海洋関係者によって開発されていると説明した。「この開発に民間企業は関与していない」

マリュクによれば、シー・ベイビーは黒海地域でロシアに大きな打撃を与えているという。具体的には、2023年7月のクリミア大橋(ケルチ海峡大橋)、ロシアの揚陸艦「オレネゴルスキー・ゴルニャク」、タンカー「SIG」への攻撃を成功させた。

また、2023年9月にはセバストポリ湾の入り口付近で、ロシア船「サムーム」がウクライナのドローンに攻撃されたほか、10月には、巡視船「パーベル・デルジャビン」も攻撃されている。さらに、軍用タグボート「ニコライ・ムラ」や、ロシアの最新鋭偵察水路調査船「ウラジーミル・コジツキー」も、ドローン攻撃を受けた。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

FRB当局者、利下げ急がない方向で一致 インフレ鈍

ビジネス

訂正-NY外為市場=ドル上昇、米指標やFRB高官発

ビジネス

中東情勢悪化、世界経済に大きなリスク=独財務相

ビジネス

訂正-4月米フィラデルフィア連銀業況指数、15.5
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中