最新記事

モデル

ランウェイ歩いて赤字も。夢を追うモデルを蝕む借金という「罠」

2019.04.08
進化

四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる

2019.04.08
ヘルス

スマホが若者のうつ症状を増やしている(かもしれない)理由

2019.04.08
スイス

「無印良品」のスイス初出店に見る、日本ブランドの可能性

2019.04.08
軍事紛争

パキスタン外相「インドが今月中に再び攻撃を計画」 国連安保理に懸念伝える

2019.04.08
キューバ

一党独裁のキューバで市民デモ 動物虐待一掃求め数百人がハバナ中心部を行進

2019.04.08
イルカ

イルカはセックスの快感を楽しんでいる?

2019.04.08
キャリア

「かわいげ」が人生の武器になる、「かわいげ」には33種類ある

2019.04.08
北朝鮮

北朝鮮の反体制派「自由朝鮮」が独裁打倒を本格化、ビザ発給を開始

2019.04.08
米中貿易戦争

トランプの対中貿易戦争で米企業が悲鳴 輸入関連を襲う3つのコスト増

2019.04.08
日本政治

統一地方選・前半戦は自民ペース 高まる衆参W選の思惑

2019.04.08
金融

マネーロンダリング疑惑に揺れる北欧金融モデル 信頼前提の制度破綻

2019.04.07
語学

英語は「複雑で覚えにくい」、pleaseで失礼になることもある

2019.04.07
日本社会

平和と国際親善の天皇は去りゆく

2019.04.06
ブレグジット

英メイ首相、6月末までの離脱延期をEUに要請 与野党協議は平行線続く

2019.04.06
日本文化

パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

2019.04.05
アメリカ政治

ロシア疑惑報道はフェイクにあらず

2019.04.05
元号

元号は天皇が決めるべきだ

2019.04.05
宇宙ゴミ

インドの対衛星ミサイル実験で、大量の宇宙ゴミが発生

2019.04.05
環境問題

包装ゼロの店、スーパーはレジ袋廃止──ドイツで「プラスチック断ち」広がる

2019.04.05

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月