Newsweekとは

RSS一覧

newsweekjapan.jpでは、更新情報をいち早くお届けするため新着記事の更新情報をRSS形式で配信しております。

RSS(アールエスエス)とはRich Site Summaryの略で、サイトの概要を記述するための形式です。最近、ニュースサイトや、BlogサイトでRSSを使う例が増えており、サイトの見出しを集めて一括して読めるRSSリーダーというソフトで利用され、効率的に情報を集められることで人気が集まっています。

RSSリーダーやRSS対応ブラウザをご使用になれば、下記のコーナーについて更新されたページを素早く知ることができます。

newsweekjapan.jp RSSデータ配信URL

RSSリーダーに下記アドレスを登録することで、登録したコーナーの最新情報をご確認いただけます。

ご利用にあたっての注意

  1. newsweekjapan.jpのRSSは個人的な範囲でのみのご利用にとどめてください。目的の営利、非営利にかかわらず、サイトが配信するRSSを利用した記事の再配布、メールマガジンおよびサイトの作成などはお断りいたします。
  2. 当サービスは将来にわたっての継続を保証するものではありません。また、メンテナンスなどのため予告なくサービスを休止したり、提供する内容などを変更することがあります。
  3. 当社ではRSSの利用方法やRSSリーダーの動作環境、使い方についてのお問い合わせには応じておりませんのでご了承願います。

MAGAZINE

特集:中国よりもおそロシア

2018-7・ 3号(6/26発売)

台頭する中国の陰で牙を研ぐ謀略家プーチン ロシアが狙う新たなターゲットは何か

人気ランキング

  • 1

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 2

    【ロシアW杯】セネガル系選手はなぜセネガル代表でプレーするか? アフリカ・サッカーの光と影

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    水を飲めず、MOMも受け取れないロシアW杯選手たち

  • 5

    ハーバードが絶賛する「日本」のポテンシャルと課題

  • 6

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 7

    刑務所内から犯行指示のテロ指導者に死刑判決 報復…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    ナルシストは危険信号 浮気がちな7つのパーソナリ…

  • 10

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 6

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 7

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 8

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 9

    消費者はなぜ愚かなのか

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!