コラム

来日26年目で発見した日本人の大きな変化

2014年04月14日(月)09時00分

今週のコラムニスト:李小牧

〔4月8日号掲載〕

 前回のこのコラムで、私は日本国籍を取得して政治家への道を目指すと宣言した。想定外の内容に「歌舞伎町案内人の冗談に違いない」と、本気にしなかった読者もいるだろう。

 私は合法と非合法が入り交じる歌舞伎町を、時にハッタリを使いながら26年間生き抜いてきた。だが肝心な場面でウソを言ったことは一度もない。帰化申請書類を提出するため、最近は法務局や行政書士の間を飛び回っている。今のところの見込みでは、日本国籍を取得するまで最低でも1年はかかる。立候補を目指す選挙に間に合うか微妙なところだが、いろいろな人に相談しながら何とか間に合わせようと努力している。

 中には「李はNewsweekを自分の政治宣伝に使おうとしている」と、眉をひそめる読者がいるかもしれない。本誌の政治的中立を守るため、今後は選挙や政策に直接関わる内容は控える。ただ今回の決断と、その後帰化に向けて具体的に準備を進めてきたなかで、私は日本人の良さをあらためて発見した。それをここで報告したい。

 私は日本と外交的に対立しがちな中国で生まれた生粋の中国人だ。それが日本の政治家になろうとするのだから、日本人の中から「李はスパイに違いない!」と疑う声が出るのはある程度は仕方がない、と思っていた。実際、前回のコラムが出た後、私に意見を言う日本人はたくさんいた。ただし、驚くべきことに反対する人は1人もいなかった。批判する右翼の街宣車も1台も来なかった。

■外国人に寛容になった日本人

 もちろん面と向かって反対を言える人は少ない。だがネットで批判めいた書き込みをする人もおらず、日本人はみんな素直に応援してくれる。わが歌舞伎町商店街振興組合も「性事家から政治家」への転身に大賛成。歌舞伎町公認候補として選挙を後押しすると言ってくれた。

 昔、在日外国人の参政権に消極的な日本人は、排他的だとか冷たいとか心が狭い、とよく批判された。もちろん外国籍のままの「ガイジン」と帰化して日本人になった「ガイジン」は同じではない。

 それでも、何かと対立する国の出身者も政治家として受け入れよう、という気持ちは確実に広がっている。自分たちも気付かないうちに、日本人は昔よりずっと国際化して、外国人に対して寛容になっている。

 政治家宣言の後、「中国出身者の意見も日本政治に反映する必要がある」という声をよく聞いた。不法滞在も合わせれば、在日中国人は今や100万人。もちろん無視できない存在だが、敵対しがちな国の意見もあえて聞くべき、という日本人の成熟ぶりに多いに感心した。

 親切さは昔と少しも変わらない。詳しく書けないが、ある大政党の最高幹部がコラム執筆後、こちらから何も言わないのに支援を申し出てくれた。「老朋友(古い友人)」である別の政党の国会議員も、国籍取得手続きや選挙戦を陰から応援する、と言ってくれた。中国ならまずカネを要求されるところだ(笑)。

 カネに汚くないのは政治家だけではない。最近、息子が日本の公立保育園を卒園したのだが、保育士たちは卒園式で「これでやっと李さんのレストランに行けます」と話し掛けてきた。彼女たちは地方公務員ゆえ、もし私にごちそうされたらそれが賄賂に当たる可能性がある。だから、あえて私の店に来なかったのだ。

 保育士だけでなく、警視庁新宿署の警察官の友人たちも、同じ理由で営業時間中は決して私の店に足を踏み入れようとしない。中国の警官なら率先してタカリに来ているだろう。

 私が政治家になれば、こんな日本人の素晴らしさをいま以上に中国に向けて発信することができる。そして、それが中国を少しずつ変えていく。このコラムは「性事」中心になるが(笑)。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

コロナ変異株、面的な広がりないがしっかり監視する=

ワールド

入院勧告拒否への罰則、悪質な事例発生が背景=官房長

ワールド

米上院外交委、ブリンケン国務長官を承認 26日に本

ワールド

必要な医療体制できていない、国民が不安に感じている

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!