コラム

TOKYO EYE 東京に住む外国人によるリレーコラム

東京の伝統美を「破壊者」から守れ

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月1日号掲載〕  ホテルオークラは最先端のホテルではない。「古風」と言ってもいい。最新のiPhon

2014.07.15

完璧過ぎる結婚式がニッポンをダメにする

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ [6月24日号掲載]  日本の6月はあまり好きではない。毎年この時期には、少し落ち着かない気分

2014.07.08

2つの顔がせめぎ合うメガロポリスの魅力

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔6月17日号掲載〕  外国人にとって、今の東京は非常に暮らしやすい街だ。おいしいチーズやワインが簡

2014.06.23

「非政治的」だった私と日中関係を変えた10年

今週のコラムニスト:李小牧 〔6月10日号掲載〕  今から10年前、歌舞伎町にはまだ、44人が死んだビル火災やヤクザと中国人マフィアの抗争事

2014.06.20

外国人労働者の受け入れを恐れるな

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔6月3日号掲載〕  日本はもっと多くの外国人を受け入れるべきなのか? 日本人なら誰もが、このままでは

2014.06.17

教師は自分の子供の入学式を優先すべきだ

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ [5月27日号掲載]  私は4人の子供を地元の公立学校に通わせている。だから学校教育に関する議

2014.06.03

美しき春の終わりを告げる5月病の不思議

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔5月20日号掲載〕  3月末、東京の街は桜と共に「開花」の時を迎える。柔らかな雨が澄んだ春の薫りを

2014.05.25

ものづくり信仰が日本企業をダメにする

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔4月29日/5月6日号掲載〕  ものづくり。日本でこの言葉を聞かない日はない。テレビでも新聞でもラジ

2014.05.20

イスタンブールではなく東京五輪になった訳

今週のコラムニスト:李小牧 〔5月13日号掲載〕  トルコと言えば、世界でも有数の親日国家──今では中国人も知っている国際情勢の常識だ。明治

2014.05.13

お雛様と武者人形は男と女のステレオタイプ?

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ [3月25日号掲載]  先日私は子供たちを連れて、日本橋の三井ビルで行われていた日本人形の展示

2014.04.28

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 8

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中