コラム

TOKYO EYE 東京に住む外国人によるリレーコラム

成熟した高齢者世代が日本を元気にする

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク [1月22日号掲載]  国民のほぼ4人に1人が65歳以上という長寿大国日本の超高齢化は避けられない。ち

2013.01.28

日本人がまだ知らない最強メディア「微博」の衝撃

今週のコラムニスト:李小牧 〔1月16日号掲載〕  李小牧に19番目の「孩子(子供)」が生まれた!  もちろん冗談だ。恋多き歌舞伎町案内人だ

2013.01.21

東京の2つの顔を楽しむ「工事現場萌え」な日々

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ [1月2・9日号掲載]  木曜の朝に新宿駅のホームで過ごす時間は、私にとって東京暮らしの醍醐味の1つ

2013.01.09

日本の治安が最高なのは共同体パワーのおかげ

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔12月26日号掲載〕  私の知る限り、大都市なのに安全な街は東京だけだ。東京にいるときは昼も夜も安心

2013.01.08

日本の総選挙より面白い韓流政治ドラマの主役

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク [12月19日号掲載]  日本のテレビドラマは低迷しているが、政治ドラマはなかなか面白い。「小泉劇場」

2012.12.24

日本メディアに叩かれた加藤嘉一君への2通目の手紙

今週のコラムニスト:李小牧 〔12月12日号掲載〕  親愛なる加藤嘉一君へ──。  中国でコラムニストとして活動し、「中国で一番有名な日本人

2012.12.17

限られた空間を埋める 東京の驚くべき技

今週のコラムニスト: マイケル・プロンコ [12月5日号掲載]  数週間前に出掛けた新宿の小さな居酒屋で、私はいつものようにたくさん注文し過

2012.12.10

日本の魅力が詰まった阿波踊りを世界に

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔11月28日号掲載〕  ヨーロッパから見て、日本は退屈で単調な国だというイメージはいまだに根強い。し

2012.12.06

世界=欧米への憧れが日本をダメにする

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク 〔11月21日号掲載〕  なぜ僕らは21世紀のいまだに、こんなにも欧米が大好きなのだろう。ノーベル賞、

2012.11.29

村上春樹でなく莫言がノーベル賞でよかった訳

今週のコラムニスト:李小牧 〔11月14日号掲載〕  ご存じのとおり、今年のノーベル文学賞はわが中国の作家、莫言(モー・イエン)に決まった。

2012.11.20

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 9

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 10

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 7

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 10

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!