コラム

TOKYO EYE 東京に住む外国人によるリレーコラム

成熟した高齢者世代が日本を元気にする

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク [1月22日号掲載]  国民のほぼ4人に1人が65歳以上という長寿大国日本の超高齢化は避けられない。ち

2013.01.28

日本人がまだ知らない最強メディア「微博」の衝撃

今週のコラムニスト:李小牧 〔1月16日号掲載〕  李小牧に19番目の「孩子(子供)」が生まれた!  もちろん冗談だ。恋多き歌舞伎町案内人だ

2013.01.21

東京の2つの顔を楽しむ「工事現場萌え」な日々

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ [1月2・9日号掲載]  木曜の朝に新宿駅のホームで過ごす時間は、私にとって東京暮らしの醍醐味の1つ

2013.01.09

日本の治安が最高なのは共同体パワーのおかげ

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔12月26日号掲載〕  私の知る限り、大都市なのに安全な街は東京だけだ。東京にいるときは昼も夜も安心

2013.01.08

日本の総選挙より面白い韓流政治ドラマの主役

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク [12月19日号掲載]  日本のテレビドラマは低迷しているが、政治ドラマはなかなか面白い。「小泉劇場」

2012.12.24

日本メディアに叩かれた加藤嘉一君への2通目の手紙

今週のコラムニスト:李小牧 〔12月12日号掲載〕  親愛なる加藤嘉一君へ──。  中国でコラムニストとして活動し、「中国で一番有名な日本人

2012.12.17

限られた空間を埋める 東京の驚くべき技

今週のコラムニスト: マイケル・プロンコ [12月5日号掲載]  数週間前に出掛けた新宿の小さな居酒屋で、私はいつものようにたくさん注文し過

2012.12.10

日本の魅力が詰まった阿波踊りを世界に

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔11月28日号掲載〕  ヨーロッパから見て、日本は退屈で単調な国だというイメージはいまだに根強い。し

2012.12.06

世界=欧米への憧れが日本をダメにする

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク 〔11月21日号掲載〕  なぜ僕らは21世紀のいまだに、こんなにも欧米が大好きなのだろう。ノーベル賞、

2012.11.29

村上春樹でなく莫言がノーベル賞でよかった訳

今週のコラムニスト:李小牧 〔11月14日号掲載〕  ご存じのとおり、今年のノーベル文学賞はわが中国の作家、莫言(モー・イエン)に決まった。

2012.11.20

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 4

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 9

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!