コラム

日本の魅力が詰まった阿波踊りを世界に

2012年12月06日(木)12時37分

今週のコラムニスト:レジス・アルノー

〔11月28日号掲載〕

 ヨーロッパから見て、日本は退屈で単調な国だというイメージはいまだに根強い。しかしそれを一掃する方法をついに見つけた──阿波踊りだ。

 私と阿波踊りとの出会いは偶然だった。10年前に電車で東京の高円寺駅を通ったときのこと。私は信じ難いほど素晴らしいものを発見し、感動に打ち震えた。

 阿波踊りは人気がある上に、とても洗練されている。高円寺の祭りは毎年1万人、発祥の地である徳島では10万人が参加する。多くの人が本番に向けて、毎日のように笛や太鼓、三味線、そしてもちろん踊りの練習に励む。

 阿波踊りは日本のアイデンティティーを何よりも明快に物語る。スカイツリーはドバイやサンフランシスコに立っていてもおかしくないが、阿波踊りは日本にしかない。リオのカーニバルに次ぐ世界屈指の「ミュージカルショー」なのに、海外でほとんど知られていないことが不思議なくらいだ。

 そこで私は、阿波踊りをパリに輸出するプロジェクトをスタートさせた。500~1000人の踊り手を日本からフランスに送り込もうという壮大な計画だ。飛行機を少なくとも2便チャーターして、ホテルも1000室ほど予約しなければならないだろう。

 決行の日は2014年6月21日。毎年恒例のパリ音楽祭で、阿波踊りがメインイベントになる。

 有益なプロジェクトだから、スポンサーは必ず見つかる。日本の最高の魅力を伝える祭り文化を、もっと世界に売り込むべきだ。多くの外国人観光客が魅了されるに違いない。

 外国人にとって、日本はサラリーマンの国というイメージがある。だからこそ、日本の女性や子供が軽快な調べに合わせて踊る姿を紹介したい。20年近い景気低迷のあおりを受けて、日本は消極的で閉鎖的な国だと思い込まれている。だからこそ、阿波踊りを世界に披露したい。

 日本が誇れる数少ない天然資源の1つが、人だ。阿波踊りのような祭りは、日本人のパワーを証明する格好の機会になる。1つのイベントのためにこれだけ多くの市民が集結できるのだ。

 阿波踊りプロジェクトは観光を活気づけ、旅行代理店や航空会社にも恩恵をもたらす。既にエールフランス、全日本空輸、日本航空に話を持ち掛けている。多くの日本人観光客がパリの阿波踊りを応援するために駆け付け、パリの日本人コミュニティーも浴衣や着物を着て参加するだろう。

 パリにとっても恩恵がある。ヨーロッパ各地から多くの観光客が、阿波踊りに引き寄せられるだろう。

■同じあほなら踊らにゃ損、損

 私はこの夏、阿波踊りの故郷・徳島を訪れ、プロジェクトを宣伝する動画をYouTubeに投稿した。徳島選出の仙谷由人民主党副代表に東京の議員会館で会って話をしたら、「それなら準備のためにあさっての午後、徳島に飛ぼう」と言われたのだ。

 同じく徳島選出の後藤田正純衆議院議員も、高円寺が地元選挙区で阿波踊りに慣れ親しんでいる自民党の石原伸晃元幹事長も、協力を約束してくれた。ほかにもさまざまな人に声を掛けている。

 エアバス・ジャパンのステファン・ジヌー社長は特に協力的だ。彼は日本に来て20年、私と同じように日本人女性と家庭を築いている。彼も私も阿波踊りの美しさを理解しているし、外国人に与える衝撃も実感している。

 世界最大の旅客機エアバスA380なら、1回に最大540人の踊り手をパリに運べる。エアバスにとっても格好の宣伝ではないか。

 私たちはバカなことをしようとしているのかもしれない。でも、それが阿波踊りだ──踊るあほうに見るあほう、同じあほなら踊らにゃ損、損!

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 7

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    ファーウェイたたきはトランプの大博打

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!