コラム

TOKYO EYE 東京に住む外国人によるリレーコラム

「巨大地震」のリスクが東京を一層前進させる

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔3月21日号掲載〕  東日本大震災から1年、東京は目立たないところで深遠な変化を遂げている。毎日の

2012.03.27

世界一「不安」な日本人よ目を覚まそう!

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク 〔3月14日号掲載〕  不安──長年、日本に住んできたが、この言葉はよく聞く言葉のベスト5に入るのでは

2012.03.20

日本人が学ぶべき偽ツイッター「微博」の実力

今週のコラムニスト:李小牧 〔3月7日号掲載〕  中国にあまり関心のない日本人でも、先日起きた重慶市副市長の「失踪」事件には興味を持った人が

2012.03.12

地震のリスクを抱き締めて私は東京で暮らし続ける

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔2月29日号掲載〕  ニューヨークは眠らない街。東京はじっとしていられない街だ。  1月末に東京大学

2012.03.05

忙しい東京人を支える至福のおにぎりタイム

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔2月22日号掲載〕  ある日の午後、湘南新宿ラインに乗ってうとうとしていたら、夢うつつに海岸が見え

2012.02.28

東北は「東京帝国主義」から脱却せよ

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク 〔2月15日号掲載〕  東京電力が、厚かましくも電気料金を上げるらしい。原発か値上げかの二択を迫るあた

2012.02.25

李小牧チャンネルが日本を「丸裸」にする

今週のコラムニスト:李小牧 〔2月8日合併号掲載〕  00年に放送された『小さな留学生』というテレビドキュメンタリーを覚えているだろうか。日

2012.02.14

円高という黒船が「内向き」日本を変える

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔2月1日号掲載〕  日本経済の奇跡を思うとき、私はいつも牛乳の入ったグラスに落っこちたネズミの話を思

2012.02.06

今日も東京で起きているケータイの悲劇と喜劇

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ 〔1月25日号掲載〕  先日、学生たちとの飲み会で、参加者の1人が悲痛な告白を始めた。盛り上がってい

2012.01.30

「カカ」を笑い飛ばすソウル発SNSの新風

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク 〔1月18日号掲載〕  昨年12月、「リセンス学級会」という企画に「一日先生」として参加した。場所は東

2012.01.24

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 6

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 7

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 8

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 9

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 10

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!