コラム

TOKYO EYE 東京に住む外国人によるリレーコラム

フランスの働く母親に学ぶべきこと

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔4月9日号掲載〕  日本政治の機能不全を端的に示すデータは出生率だろう。この数値が1.57にまで低下

2013.04.19

「我慢」と「頑張る」はスポーツや教育に必要か

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ [3月26日号掲載]  小学生のわが娘は、漢字の宿題をあまりやりたがらない。「子供がやりたがら

2013.04.16

日本の女性たちよ「女子マネ」を卒業しよう

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク [3月26日号掲載]  韓国で朴槿恵(パク・クンヘ)政権が本格的に始動した。北朝鮮はこれまでにない強気

2013.04.01

まだまだ視界不良な日中関係改善の切り札は

今週のコラムニスト:李小牧 〔3月19日号掲載〕  日本政府による尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化で、わが祖国と第2の祖国が抗争状態になっ

2013.03.25

携帯電話が奪った「いい店探し」の楽しみ

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ [3月12日号掲載]  数週間前、吉祥寺のスタンドバーでくつろいでいたとき、通りで身を寄せ合う2人の

2013.03.18

大鵬が示したハーフと移民の可能性

今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔3月5日号掲載〕  1月19日に亡くなった第48代横綱・大鵬は、日本の歴史上最も偉大なスポーツマンの

2013.03.13

安倍版「伝統狂騒曲」が日本の学校に鳴り響く?

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ [2月26日号掲載]  日英2つの文化をルーツに持つ子供の親でよかったと思うのは、両方の伝統を

2013.03.04

日本の部活に異議あり! スポーツ「偏愛」の弊害

今週のコラムニスト:クォン・ヨンソク [2月19日号掲載]  スポーツ体罰問題が世間を騒がせている。問題が表面化したことはいいが、「体罰は悪

2013.02.25

中国の大気汚染を日本人は「利用」すべきだ

今週のコラムニスト:李小牧 〔2月12日号掲載〕  主に現地でコメンテーターとしてテレビ出演するため、1カ月に1回は中国に帰る私だが、この頃

2013.02.18

大みそかの長寿番組が映し出す日本の両極

今週のコラムニスト:マイケル・プロンコ [2月5日号掲載]  大みそかの晩になると、毎年「しまった」と思う。商店もレストランも早じまいするの

2013.02.11

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 2

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 3

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 6

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、飲食店でエクアドル産冷凍エビの包装から新型…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!