コラム

大鵬が示したハーフと移民の可能性

2013年03月13日(水)12時26分

今週のコラムニスト:レジス・アルノー

〔3月5日号掲載〕

 1月19日に亡くなった第48代横綱・大鵬は、日本の歴史上最も偉大なスポーツマンの1人だった。何しろ相撲という最も日本的な競技で抜群の成績を残したのだから。もし日本という国の代表を1人だけ選ぶとすれば、大鵬こそふさわしいといえるかもしれない。政府はその功績をたたえ、国民栄誉賞の授与を決めた。

 ただし、現在のサハリンで生まれた大鵬の体には、日本人の血は50%しか流れていなかった。母親は日本人だが、父親はウクライナ出身。大鵬はいわゆる「ハーフ」だった。

 もしウクライナで暮らしていたら、おそらく大鵬の栄光はあり得なかった。平凡な農民か労働者として一生を終えただろう。日本は外国人でも大きな成功を夢見ることができる数少ない国の1つだ。特にスポーツやメディアの世界はその傾向が強く、タレントにもハーフが多い。

 ビジネスの世界にも多様な出自の経営者が大勢いる。ソフトバンクの孫正義は、そうした成功者の1人にすぎない。日本に住む外国人は毎朝納豆を食べるわけではないが、「純粋な」日本人と90%ぐらいは価値観を共有している。彼らは自分と会社を成長させ、税金を払い、この国を豊かにしている。

 大鵬の偉大な功績は、誰でも生まれに関係なく日本人に「なれる」ことを示している。対照的に、南米からやって来た日系人たちの苦闘は、遺伝子が日本人の条件ではないことを教えてくれる。

 日本政府は90年、3世までの日系人に就労制限のない在留資格を与える法改正に踏み切った。「日本人の子孫なので社会に適応しやすいだろう」という根拠の薄い考えに基づく決定だった。だが現在、静岡県の浜松駅周辺を歩いてみると、日本社会に適応できず、将来の夢も失った南米出身の日系人が多数うろついている。

 だからといって、移民の受け入れを全面的にやめるべきだというのではない。その反対だ。グローバル化時代の今、移民はたぶんわれわれの社会で最重要のテーマだ。しかし大半の日本人は、移民という言葉を聞くだけで恐怖心を抱く。

■「唯一の資源」を増やすために

 日本はより開かれた国どころか、ますます閉鎖的になっている。人口に占める外国人の比率はわずか1.7%で、さらに減りつつある。人口統計学の専門家ニコラス・エバースタットによると、1億2000万人が暮らす日本で1年間に帰化する外国人の数は、人口800万人のスイスの3分1以下だ。

 日本の「開国」をうかがわせる唯一の兆候は、国際結婚の増加だ。ジャーナリストのリサ・ジャーディーンによれば、70年には結婚全体に占める比率は0・5%だったが、00年には4.5%に増加。今の東京では10%ともいわれている。

 この種のカップルから生まれる子供は、ハーフではなく「ダブル」と呼ぶべきだ。2つの異なる文化を持つ彼らは、日本と世界の懸け橋になるだろう。

 日本は他の国々の経験に倣った移民政策を打ち出すべきだ。最も大切なのは、従来の「血統主義」に客観的な基準を加えて国籍法を作り直すこと。国籍取得の道がはっきりと示されれば、日本人になりたがる外国人は数百万はいる。それによって日本も恩恵を受けるはずだ。

 日本にある無二の資源といえば人間だ。その資源が毎年減少を続け、高齢化が進んでいる。仮に政府の少子化対策がどれほど優れたものであろうと、日本には移民が必要だ。移民受け入れはリスクを伴うが、移民の拒否は日本の致命傷になりかねない。

 安倍晋三首相は先月の所信表明演説で言った。「世界中から投資や人材を引きつけ、若者もお年寄りも、年齢や障害の有無にかかわらず、すべての人々が生きがいを感じ、何度でもチャンスを与えられる社会」を目指すと。首相は今すぐ、その言葉を実行に移すべきだ。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

アストラゼネカ、コロナワクチン候補20億回分生産へ

ワールド

スペイン、仏・ポルトガル国境再開案を後退 「なお検

ビジネス

ECB、コロナ向け資産買取枠を拡充 ジャンク債購入

ワールド

スウェーデン、国内旅行制限を13日解除 専門家は感

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!