コラム

まだまだ視界不良な日中関係改善の切り札は

2013年03月25日(月)07時24分

今週のコラムニスト:李小牧

〔3月19日号掲載〕

 日本政府による尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化で、わが祖国と第2の祖国が抗争状態になって半年がたった。日本を訪れる中国人観光客は大きく減ったままで、先日の春節(旧正月)の休暇で家族と訪れた沖縄でも目立つのは台湾や香港、東南アジアの旅行客ばかりだった。

 さすがの歌舞伎町もすっかり閑古鳥が鳴いている──と読者の皆さんは思うかもしれないが、実はそうでもない。最近日本人の酔客が増えたのはアベノミクス効果だろうが、中国人の、特に文化人というべき人々も春節休暇中に相次いでこっそり日本、そしてわが歌舞伎町を訪れていた。

 1人は中国のマイクロブログのに1000万人のフォロワーを持つCCTVキャスター。ほかにも中国を代表するネット企業の副総裁や、圧倒的な視聴率を誇る地方テレビ局の人気司会者、さらに地方テレビ局トップがお忍びで日本を訪れていた。中には歯を治療しに来た有名俳優もいた。

 いや、「こっそり」というのは正確ではない。1人は日本に着いた後、自分の微博アカウントで「遠い『雪国』にいる」と書き込んだ。もともと彼と友人だった私は、この書き込みだけで「日本に来ているな」とぴんときた。「雪国」と聞けば、中国人は日本の演歌「雪国」を連想する。案の定、彼は北海道にいた。

 彼らが自由に発言できないのは、すべて尖閣問題ゆえ。ブログなどに「日本に行った! 楽しかった!」などと気楽に書き込もうものなら、即座に「漢奸(売国奴)」呼ばわりされて、社会的に抹殺されかねない。

■底堅い中国人の「日本ニーズ」

 それでも彼らが日本に「密航」するのは、日本が中国から最も近い、空気がきれいな先進国だから。彼らは大気汚染物質のPM2・5に嫌気が差して、日本に脱出してきたのだ。

 もちろん、今や殺人的と言っていい中国都市部のスモッグから逃れるためだけに日本にやって来たわけではない。領土問題で対立しているとはいえ、中国人の「日本ニーズ」は根強い。

 実際、あのおカタい人民日報が主催する中国人ネットユーザーとのオンライン交流会に参加したら、日本のAV女優についての質問をたくさん受けた(笑)。中国の知識人たちが日本に来るのは、日本のサービスや文化の価値を認めているから。ネットで反日を叫ぶ庶民だって、本音では富士山を見て温泉につかり、東洋一の歓楽街であるわが歌舞伎町で遊びたいと思っている。

 領土問題でもめているとはいえ、中国の存在が必要なのは日本人も同じはずだ。東京の公園で毎朝、太極拳に汗を流すお年寄りを見ればいい。

 それなのに、両国の政治家は対立をあおる発言を繰り返している。先日、安倍晋三首相がワシントン・ポスト紙に「中国の反日の根は深い」と発言して、中国メディアにかみつかれた。安倍首相側は記事が正確でないと反論したようだが、この時期に誤解を招く発言をすること自体が間違っている。

 中国側も、日本の週刊誌が報じた「中国の監視船が日本漁船に機関銃を向けた」という真偽不明の記事に外交部(外務省)がわざわざ時間を割いて反論した。まったくどうしようもない悪循環だ。

 先日、中国からレンタルされている上野動物園のパンダ2頭がこれから繁殖期に入るというニュースが流れた。去年は「ベッドシーン」が全国にテレビ放送され話題になったが、生まれた赤ちゃんは生後1週間で死んでしまった。

 2頭には今年こそ「性交」に「成功」して、かわいいパンダの赤ちゃんを日本人に見せてほしい。それをきっかけに、両国民の嫌悪感は徐々に和らいでいく。

 パンダの「夜の手ほどき」にぜひ協力したいところだが......これは動物園の飼育員にお任せしておく(笑)。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

米が9年ぶり有人宇宙飛行、初の民間船をISSへ

ワールド

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転

ワールド

暴動に発展のミネソタ黒人死亡事件、殺人容疑で元警官

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 7

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 8

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!