コラム

日本メディアに叩かれた加藤嘉一君への2通目の手紙

2012年12月17日(月)09時00分

今週のコラムニスト:李小牧

〔12月12日号掲載〕

 親愛なる加藤嘉一君へ──。

 中国でコラムニストとして活動し、「中国で一番有名な日本人」とも呼ばれる君に、このコラム上で「手紙」を書いたのは昨年6月。人生の先輩として、また一人の中国人として、君が日本人の耳に届かないのをいいことに、中国で日本の悪口を言っていると批判しました。

 その後、君は私に直接「今後は李さんの貴重な意見を参考にしたい」というメールを送ってくれました。ただ、残念ながら私の苦言は君の心に届かなかったようです。

 先日、週刊文春が「『中国で一番有名な日本人』の経歴詐称を告発する」という記事を大々的に掲載しました。加藤君が中国メディアで「東大に合格したが、それを蹴ってあえて北京大学に入学した」と語っていたのは周知の事実。この記事は、それが真っ赤な嘘だということを、君の出身高校への取材で暴いています。君をよく知っている私のところにも取材が来て、コメントが掲載されました。

 私が確認した範囲では、雑誌が発売された日の朝、加藤君は自分のホームページ上で「東大に合格・入学した事実はない」と謝罪しました。誠実な態度に見えますが、その言葉は本心からではない、と疑われるような行動を、君はこの直後に取っています。

 中国での言論活動で嘘をついていたのですから、本来なら真っ先に説明すべきは中国の読者です。なのに君が中国向けにマイクロブログの新浪微博(シンランウェイボー)で謝ったのは、同じ日の夜でした。中国語の得意な君が翻訳に半日かかるはずはありません。雑誌の内容に対する中国側の反応を見て、もし頬かむりできそうなら謝らずに済ませようと思っていた──違うでしょうか。

■加藤君を利用したのは誰か?

 こんな例には事欠きません。昨年私がこのコラムで批判した後も、君は私を裏切るような行動を取りましたね。

 今年6月、東京都内の大学で開かれた日中関係のシンポジウムに加藤君と私が招かれましたが、なぜか君は事務局にこっそり電話して「李さんを外して出演者を僕一人にしてほしい」と要求しました。私に会うのが気まずかったのか、あるいはギャラを独り占めしたかったのかは分かりません。ただ妙な行動を取れば、在日24年の私のネットワークに引っ掛かるということがなぜ分からなかったのでしょうか。

 加藤君がこんなふうになってしまった責任の大半は、わが中国にあると私は考えています。日本の高校を出たばかりの18歳が北京大学で共産党の作った教科書を読む──。君が中国でコラムニストとして語ってきた内容は、要は人民日報の社説そのものです。中国メディア、そして背後にいる中国政府は、自分たちの主張を代弁してくれる便利な日本人として君を利用してきたのです。大した経験もない20代の若者にすぎない君を。

 今年秋に君がハーバード大学に研究員として赴任する際、中国で開かれた君の送別会にメディア関係者はほとんど来なかった、と聞きます。君は「使い捨て」にされたのです。今の加藤君に残っているのは、自分の目的達成のために平気で人に嘘をつく中国人の悪い習慣だけ、というのはあまりに悲し過ぎます。

 聞くところによれば、加藤君は中国とアメリカで学んだ後、日本で政治家になることを目指しているそうですね。経歴を大げさに言ったぐらいで騒ぎ過ぎ、と思うかもしれませんが、嘘が許されるのは中国の政治家ぐらいです。

 とはいえ、加藤君が中国でも臆せず日本人として情報発信してきたことは正当に評価されるべきでしょう。正すべき部分を正し、晴れて日本に帰ってきたときには、わが新宿・湖南菜館で大歓迎することを約束します。君が政治家を目指して議員に立候補しても、残念ながら外国人の私に投票権はありませんが(笑)。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 9

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 5

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 6

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 7

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 8

    香港長官「条例撤回」は事実上のクーデター

  • 9

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 10

    差別から逃れるように暮らしていた? 戦前の日系人…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!