コラム

真冬を彩る「日本的な」2つのフェスティバル

2014年03月03日(月)09時00分

今週のコラムニスト:スティーブン・ウォルシュ

[2月25日号掲載]

 遠い昔、若き日の私はバレンタインデーを心待ちにしたものだ。イギリスでは、私に思いを寄せる謎の送り主からウイットに富んだ、あるいはセクシーなカードをもらう日。日本では、おいしいチョコレートやクッキーを山のようにもらえる日だった。

 残念ながら現在は、私の魅力やイケメンぶりを分かってくれる女性は減り、妻や娘たちも義理チョコさえくれなくなった! 哀れな中年男は、バレンタインデーはお菓子屋の金儲けの手段にすぎないと、皮肉に構えるしかなくなった。

 バレンタインデーは多くの国に定着しているが、祝う方法はさまざまだ。この日の起源についても諸説ある。男女が自由に交わるローマ帝国時代のルペルカリア祭がキリスト教の行事になったという説もある。とはいえ、バレンタインデーと恋人たちをはっきり結び付けたのは、14世紀にイギリスの詩人チョーサーが王の婚約記念日のために書いた詩「鳥たちの議会」だ。

 その後、商業的な可能性を見いだした人々の後押しもあって、バレンタインにカードや贈り物を交換する習慣が根付いていった。イギリスでは19世紀後半に郵便料金が大幅に安くなったため、この日に送られるカードも大幅に増えた。今では年間約13億㍀がカードや花、チョコレート、ギフトに投じられる。送られるカードの枚数は推定2500万枚に上る。

 日本にバレンタインデーが持ち込まれたのも、あくまで商業的な目的からだ。36年、洋菓子店のモロゾフがバレンタインデーのチョコレートの広告を英字新聞に掲載した。50年代後半になると、ハート形チョコレートを男女で交換しようと宣伝されたが、なぜか女性から男性にプレゼントする習わしとなった。

 贈る相手によってチョコの中身も名称も変わる点も、日本のバレンタインデーならではだ。最高位が本命チョコ、次が友チョコ、義理チョコ、さらにその下が超義理チョコ。義理チョコ以下は相手から軽く見られている証しであると同時に、ホワイトデーにお返しをしなければならないという、まさにダブルパンチだ。

 同じ2月の行事で商業主義が仕掛けたものでも、個人的にはまったく問題ないと思う日本古来の祭りがある。節分だ。

 この行事の数週間前に子供たちと買い物に出掛けた際、スーパーマーケットの目立つ場所に豆まき用の「福豆」と一緒にヒイラギの小枝が売られていて驚いた。ヨーロッパ人にとって、ヒイラギはクリスマスの装飾なのだ。

■古代ローマにもよく似た祭りが

 子供たちは私に、節分ではヒイラギを悪霊払いのために家の外にぶら下げるのだと教えてくれた。悪霊は魚の臭いが苦手なので、ヒイラギにイワシの頭を刺してもいいのだとか。

 ルペルカリア祭がバレンタインデーのルーツだという説と同様に、古代ローマには日本の節分とよく似た春の祭りも存在した。レムリア祭と呼ばれるもので、その日に家長は悪霊をなだめるため真夜中に起きる。そして黒い豆をまきながら家の周囲をはだしで歩き、「この豆をまく。この豆で私と私の家族を救い出す」というまじないを9回唱えたという。

 近年、私が大好きな節分は恵方巻きのおかげでさらに活気づいた。02年には日本人の約50%しか恵方巻きの伝統を知らなかったが、大手スーパーが熱心に宣伝したことで06年には90%を超えた。恵方巻きの具材は七福神にちなんで7種類で、その年に神様がいる方角(恵方)に向かって願い事をしながら食べるという実に日本らしい習わしが私は好きだ。

 とりわけ気に入っているのは、無言で食べなければならないこと。騒がしい子供が4人もいる私にとって、節分のこの行事は静かに食事を味わえる唯一の時間でもあるのだ!

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!