コラム

世界に誇る地下鉄の一元化に大賛成!

2014年03月13日(木)12時16分

今週のコラムニスト:レジス・アルノー
〔3月4日号掲載〕

 東京の地下鉄には、どんな都市も嫉妬するだろう。ほとんどの駅は私の家のキッチンよりきれいだし、車内の床はピクニックができるほど清潔。運行ダイヤはスイス製の時計並みに正確だが、ちゃんと人間味もある。

 電車が駅を出る際は、乗客が車内に納まったことを駅員が確認して車掌に伝える。改札には必ず礼儀正しく親切な駅員がいる。乗客の安全は最終的に、機械ではなく人の手に委ねられている。

 機械まで礼儀正しい。切符を買うたび、発券機のタッチパネルに現れるキャラクターが「ありがとうございます」と頭を下げる。電子メールすら人に代わって機械が自動発信する現代社会で、人間味あふれる地下鉄は新鮮だ。

 九段下駅など、小さな「図書館」が設置された場所もある。乗客が読み終わった本を構内の本棚に置いていき、別の乗客が借りていく。知の共有が大切にされてきた日本ならではの伝統だろう。

 パリから来た私は、感動すら覚える。多くの乗客が運賃をごまかし、少し目を離しただけで物が(借りられるのではなく)盗まれるのがパリの地下鉄。東京の地下鉄はどんな外国人旅行客にも自慢できる財産だ。AFP通信は昨年、東京の地下鉄を数回にわたって特集し、フランスの読者に大好評を博した。

 大人になったら電車の運転士になりたいと言う日本の子供が多いのも、地下鉄を含め日本の電車が優秀だからだろう。フランスでは、電車の運転士を夢見る子供など聞いたことがない。地下鉄の夢を見ることがあるとすれば、それは悪夢だ。

■どうしても見劣りする都営

 とはいえ、東京の地下鉄も2つの系統がある。民営の東京メトロと都営地下鉄だ。そして、両方を乗り比べて都営のほうが優れていると言う人は数少ない。

 都営地下鉄は東京メトロの落ちこぼれバージョンと言って、差し支えないだろう。東京メトロより運賃は高く、運行本数は少なく、車両が狭いせいで窮屈な思いをさせられる。デザインは古くさく、塗装も東京メトロに比べて色あせている。

 2000年に鳴り物入りで全線開通した都営大江戸線は、駅ごとに異なるデザインが自慢だった。だがそのデザインも、開通から程なくして時代遅れになった。飯田橋駅は、今では映画『2001年宇宙の旅』に出てくる宇宙ステーションのようにレトロな様相を呈している。

 大江戸線は、乗り換えの通路がやけに長いのも難点。これでは公共のための交通機関というより、建設会社を儲けさせるために造ったのではないかと疑ってしまう。それでいて、都営地下鉄は天文学的な額の負債を負っているというのだから、開いた口がふさがらない。

 それに引き換え、東京メトロで最も新しい副都心線は効率性とグッドデザインのかがみだ。ロゴの色は女性誌のロゴのようにあか抜けたブラウンで、車両はリビングルームのように居心地がいい。

 私の最寄り駅は大江戸線と副都心線が交わる東新宿駅だから、どちらの地下鉄も使うことができる。だがここでも、どうしても副都心線より大江戸線のホームは見劣りしてしまう。

 猪瀬直樹・前東京都知事は東京に2つの地下鉄があるのは無意味だと主張し、一元化しようとしていた。この計画が進まない理由の1つは、統合すると東京メトロの株価が大幅に下がるからだろう。

 けれども地下鉄は元来、株主のためと言う以前に乗客のために存在すべきものだ。基本的に同じ人々に同じサービスを提供している2つの経営母体の一元化は、多くの相乗効果をもたらす。

 東京都は一元化計画から手を引くべきではない。新たに知事に就任した舛添要一氏の考えは分からないが、彼が「東京を世界一の街にする」と公言しているなら、「世界一の地下鉄」もその大切な要素になるのではないだろうか。

プロフィール

東京に住む外国人によるリレーコラム

・マーティ・フリードマン(ミュージシャン)
・マイケル・プロンコ(明治学院大学教授)
・李小牧(歌舞伎町案内人)
・クォン・ヨンソク(一橋大学准教授)
・レジス・アルノー(仏フィガロ紙記者)
・ジャレド・ブレイタマン(デザイン人類学者)
・アズビー・ブラウン(金沢工業大学准教授)
・コリン・ジョイス(フリージャーナリスト)
・ジェームズ・ファーラー(上智大学教授)

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 3

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 4

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    性的虐待への巨額賠償が、米ボーイスカウト連盟を破…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    3年前に亡くなった7歳の娘と「再会」 韓国、VRを使った…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!