松岡由希子

1973年生まれ。米国MBA(経営学修士号)取得。起業支援や経営戦略の立案など、経営のプロフェッショナルとして約10年にわたる実務経験を積んだのち、2008年、ジャーナリストに転身。欧米、アジアでの現地取材のもと、持続可能な社会づくりに向けた技術イノベーションや次世代ビジネスの動向を、グローバルな視点から追う。

サイエンス

毒ヘビの幹細胞からミニ臓器を作製することに成功

2020.01.30
宇宙ゴミ

30日、アメリカ上空で二つの衛星が衝突するおそれ

2020.01.29
海面上昇

洪水対策:ニューヨークの海上に「巨大な壁を建設する」案が議論の的に

2020.01.28
生体ロボット

カエルの幹細胞から生体ロボットが世界で初めて開発 自己再生もする

2020.01.27
月探査

「月の砂」から酸素を抽出、実用化に向けてテストプラント開設

2020.01.24
異常気象

海洋熱波によりおよそ100万羽のウミガラスが餓死していた

2020.01.22
人体

放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影された その正体は?

2020.01.21
サイエンス

2600年前の脳がそのままの状態で保存されていた ......その理由は?

2020.01.20
気象

森林火災が続くオーストラリア、干ばつの後は大雨で洪水になる恐れ

2020.01.08

人間の脳は、手に持った道具の感触を身体と同様に認識していることが明らかに

2020.01.07
人体

ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことがわかった

2019.12.27
サイエンス

バイオサイエンスの進化で、法律上の「人」の定義を拡大する時期が迫っている

2019.12.26
中国

ロバが世界的に激減......中国古来の生薬としての需要が高まり

2019.12.25
地球

北磁極の移動速度が加速している......シベリアに向けて移動し続ける

2019.12.24
健康

喘息の悪化に上気道の微生物叢が関係している

2019.12.23
ゲノム解析

5700年前の「チューインガム」から古代人の姿が明らかに

2019.12.20
地球

南極で地球最深の地が発見される

2019.12.19
自然環境

酸素のない海域「デッドゾーン」が急速に拡大しており、甚大な影響を及ぼす

2019.12.17
宇宙

スペースデブリ除去、欧州宇宙機関が2025年に作業に着手

2019.12.16
サイエンス

サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存していたことが明らかに

2019.12.13

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 2

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 3

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 4

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増…

  • 5

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 8

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 9

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 10

    全米で大統領選控え記録的な銃購入ラッシュ 初心者…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月