松岡由希子

1973年生まれ。米国MBA(経営学修士号)取得。起業支援や経営戦略の立案など、経営のプロフェッショナルとして約10年にわたる実務経験を積んだのち、2008年、ジャーナリストに転身。欧米、アジアでの現地取材のもと、持続可能な社会づくりに向けた技術イノベーションや次世代ビジネスの動向を、グローバルな視点から追う。

サイエンス

果敢に挑戦するマインドは猫のお陰?「猫と起業家」の興味深い関係とは

2018.07.31
異常気象

人間活動がはじめて季節を変えた? 日本と世界を襲う記録的な猛暑の背景

2018.07.25
病害

病気で絶滅!? バナナは、もう食べられなくなるのか?

2018.07.23
海洋汚染

世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河川から流れ込んでいる

2018.07.12
宇宙

誕生間もない惑星の姿を鮮明に捉えた画期的映像が公開された

2018.07.06
バイオハッキング

北欧スウェーデンで体内へのマイクロチップの埋め込みが広がる理由とは

2018.07.04
ヘルス

客室乗務員は乳がんや皮膚がんの罹患率が高い──研究結果

2018.07.03
バイオテロ

「合成生物学の悪用で新たな兵器が生まれるリスクが高まっている」との研究結果

2018.06.25
火山

噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

2018.06.19
知能

「人間の知能指数が年々上昇する」というフリン効果は20世紀に終わっていた!?

2018.06.15
マイクロプラスチック

「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

2018.06.14
ビジネス

ジュエリー界が注目! 世界最大手がミレニアル向けで勝負に

2018.06.08
遺伝子

認知機能が高い人は、眼鏡が必要となる遺伝子を持つことが明らかに

2018.06.05
ドローン

世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛行マシン開発される

2018.05.28
健康

トランス脂肪酸の撲滅に向けた6つのステップ WHOが発表

2018.05.17
惑星

ミステリアスな彗星で猛吹雪!? ダイナミックな動画が話題に

2018.04.28
遺伝子

アスリートに忍び寄る、遺伝子治療を応用した「遺伝子ドーピング」とは

2018.04.24
虫歯治療

怖くて痛い虫歯治療に代わる、新たな治療法が開発される

2018.04.18
木星探査

おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

2018.04.16
脳科学

脳の自己再生力を高める細胞が新たに発見される

2018.04.12

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月