松岡由希子

1973年生まれ。米国MBA(経営学修士号)取得。起業支援や経営戦略の立案など、経営のプロフェッショナルとして約10年にわたる実務経験を積んだのち、2008年、ジャーナリストに転身。欧米、アジアでの現地取材のもと、持続可能な社会づくりに向けた技術イノベーションや次世代ビジネスの動向を、グローバルな視点から追う。

進化

四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる

2019.04.08
宇宙ゴミ

インドの対衛星ミサイル実験で、大量の宇宙ゴミが発生

2019.04.05
宇宙

半数以上の宇宙飛行士から再活発化したヘルペスウイルスを検出

2019.03.25
人体

ヒトにも「地磁気を感じる能力」が備わっている可能性示す研究結果が出た

2019.03.20
太陽

過去70年に観測された10倍規模の太陽嵐が、2600年前に発生していた

2019.03.15
巨大IT規制

「GAFA解体」を主張する米上院議員の政治広告をフェイスブックが削除

2019.03.13
再生

「頭の再生能力を最近進化させたヒモムシが存在する」

2019.03.11
超音速

これが超音速機からの衝撃波をとらえた画像だ

2019.03.08
緑地

中国とインドが地球の緑地増加に寄与していた

2019.03.07
予防接種

保護者の意思に反して自らワクチン接種したアメリカの高校生が公聴会出席

2019.03.06
大麻

大麻草の栽培によらず、酵母での大麻化合物の生成に成功

2019.03.04
神経細胞

「脳組織は切断されても情報伝達できる」:ニューロンの新しい情報伝達方法発見

2019.02.28
中国

「遺伝子編集した双子の誕生に中国政府が援助していた」との報道

2019.02.27
流言

「地球平面説」を信じる人が急増している その要因は......

2019.02.26
人体

女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

2019.02.20
感染症

反ワクチンのプロパガンダをフェイスブックが助長!? 対策を求める動き

2019.02.18
環境

世界の昆虫の40%以上が絶滅のおそれ 生態系に与える影響は壊滅的

2019.02.14
地球

北磁極が想定を超えるペースで移動していることが明らかになった

2019.02.12
脳とコンピュータ

脳の信号から音声に変換するシステムが世界で初めて開発される

2019.02.08
温暖化

南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

2019.02.05

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月