最新記事

生物

閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

2021年6月24日(木)19時00分
松岡由希子

クモに捕らえられたヘビの87%が死んだ (Image credit: Julia Safer)

<スイス・バーゼル大学などの研究によると、ヘビを捕食するクモが40種以上存在し、世界中で確認されていることがわかった>

ヘビを捕食するクモが40種以上存在し、その様子が南極大陸を除くすべての大陸で確認されていることが明らかとなった。

スイス・バーゼル大学と米ジョージア大学の研究チームは、これまでに発表された研究論文、ニュース記事、SNS上の投稿などから、クモがヘビを捕食したことを記録する319件のデータを収集した。そのうち93%にあたる297件は自然事象を観察したもので、残りの22件は実験環境で観察されている。

体長1メートルのヘビを捕らえた記録も

研究チームが学術雑誌「ジャーナル・オブ・アラクノロジー」(2021年:49巻1号)で発表した研究論文によると、ヘビを捕食するクモは40種以上、クモに捕食されるヘビは90種以上確認された。

クモによるヘビの捕食記録319件のうち、約半数はゴケグモによるものだ。ハイイロゴケグモ、クロゴケグモ、セアカゴケグモなど、いずれも体長は0.6〜1.1センチで、その何倍もの大きさのヘビを強力なクモの巣で捕らえる。これに次ぐ10%を占めるのがタランチュラだ。大型で強力なタランチュラはクモの巣をつくる習性がなく、地面や木々で獲物を捕らえる。このほか、直径0.5〜1.5メートルの円形の巣をつくるコガネグモ科やジョロウグモ科によるものが8.5%を占めていた。

自然環境でクモに捕食されたヘビは86種にのぼり、実験環境ではさらに5種が捕食されていた。豪州を除き、ガーターヘビやコーンスネークなど、ナミヘビ科のヘビが多く捕食されている。

捕食されたヘビの大半は幼体や未成体で、平均的な体長は26センチ程度であったが、体長1メートル、重さ40〜60グラムもの大きなヘビを捕らえた記録もみられた。なかには、重さわずか0.0225グラムのマダラヒメグモが、クモの巣を使って、自重の355倍以上に相当する重さ8グラムのガーターヘビを捕らえた例もあった。

クモに捕らえられたヘビの87%が死んだ

クモによるヘビの捕食は、南極大陸を除くすべての大陸にわたり計25カ国で確認されている。自然事象の51%は米国で記録され、豪州が29%でこれに次ぐ一方、中南米の新熱帯区(8%)、アジア(6%)、アフリカ(3%)、欧州(1%)は少ない。

クモに捕らえられたヘビのうち87%が死に、1.5%は自力で逃げ出し、11%は人間に助けられて逃げた。ヘビがクモに捕らえられてから死ぬまでに要する時間は様々だ。クモに噛まれ、ヘビの体内に毒が入ってから数分後に麻痺するケースもあれば、死ぬまでに数日かかるケースもある。

一般に、昆虫を主食とするクモにとって、ヘビは補足的な食糧であるが、トカゲ、ヘビを多く食べるセアカゴケグモのほか、ヘビを主食とするタランチュラのような種も存在する。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米雇用者数、11月26.3万人増で予想上回る 失業

ワールド

プーチン氏、ウクライナ巡る協議に前向き=大統領府報

ビジネス

欧州エアバス、11月引き渡し66機 通年目標引き下

ビジネス

ユーロ圏PPI、10月は20年5月以来の前月比低下

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    「メーガンは正しかった」──英王室幹部が黒人差別で…

  • 8

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 9

    【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬…

  • 10

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月