最新記事

生物

半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

2020年11月10日(火)18時00分
松岡由希子

クロイロコウガイビルの頭部 根川孝太郎-wikimedia CC BY-SA 4.0

<バージニア州で、半月形の頭部を持つヘビのような30センチほどの生物が見つかり、話題になった......>

米バージニア州リッチモンド郊外のミッドロジアンで、半月形の頭部を持つヘビのような生物が見つかった。

米地方紙「シャーロット・オブザーバー」によると、地域住民からの通報を受けたバージニア州の害虫・害獣駆除サービス会社「バージニア・ワイルドライフ・マネジメント・アンド・コントロール」は、2020年10月28日、体長10〜12インチ(約25.4〜30.5センチ)の個体が映った動画をフェイスブックの公式アカウントで公開し、「このような生物はこれまで見たことがない」として一般ユーザーに情報提供を呼びかけた。なお、この投稿は11月10日時点で削除されている。

高温多湿を好む東南アジア原産の侵略性外来種、コウガイビル

この奇妙な生物は、扁平動物の一種「コウガイビル」だ。ヒルと名前はついているが、プラナリアの仲間だ。シュモクザメのような特徴的な頭部を持ち、平たく細長い。表面は粘液で覆われてぬるぬるとしており、明色に暗色の縞が入っている。扇型に広がっている頭部に口があるわけではなく、体の中程の腹面に口があり、肛門も兼ねている。

コウガイビルは、高温多湿を好む東南アジア原産の侵略性外来種だ。輸入された園芸植物を介して米国に侵入し、1901年以来、温室でたびたび見つかってきた。カリフォルニア州、テキサス州など南部を中心に7州を主な生息地とし、2019年1月にもフロリダ州北部ワクラ郡でその生息が確認されているが、バージニア州で見つかるのは珍しい。コウガイビルは、ヒトに害はないものの、ミミズを捕食することから、土壌生態系を脅かすおそれがある。

iStock-1147459998.jpgボルネオのコウガイビル Thien Woei Jiing-iStock

2つに切断すると、やがて再生し、両方とも生存し続ける

コウガイビルは、オスの生殖器官とメスの生殖器官を一個体が持つ「雌雄同体」であり、主に断片化により無性生殖する。親個体が体の後部の一部分を切ると、10日以内に頭が形成されはじめる。このような繁殖は1ヶ月に数回起こることもあり、短期間で個体数が大幅に増える可能性がある。

コウガイビルは、再生能力が高く、駆除しづらいのも難点だ。2つに切断すると、やがて再生し、両方とも生存し続ける。テキサス州立大学システム(TSUS)傘下の「テキサス侵入生物研究所(TISI)」は、柑橘系のエッセンスや塩による駆除を推奨している。

hammerhead worm (BIPALIUM) predatory behavior

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

大型インフラ投資計画、法人税率25─28%なら財源

ビジネス

米4月雇用100万人以上増加へ、緩和縮小議論に及ば

ワールド

米、ウクライナの安全保障強化へ支援も ロシアの「無

ワールド

世界コロナ死者、公式発表の2倍超か 米研究所が約6

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉山のオススメ韓国映画5本

  • 2

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き込まれ、究極の愛について考える

  • 3

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 4

    トランスジェンダーの選手は女子スポーツに出るべき…

  • 5

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 6

    カン・ハンナ「私のおすすめ韓国映画5本」とマブリー…

  • 7

    『応答せよ』名コンビが手掛ける韓国ドラマ『賢い医…

  • 8

    ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

  • 9

    進む自衛隊とミャンマー国軍の将官級交流 クーデタ…

  • 10

    WTO、新事務局次長に米中出身を起用 地政学的バラン…

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    米FDA、メンソールたばこ禁止へ 当局が来年に基準案…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    メーガンとハリーは「イギリス社会ののけ者」に、人…

  • 7

    アジア中が萌えた!王道ラブストーリーの韓国ドラマ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    アメリカでビットコインの未来を決める判断が間もな…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月