最新記事

オミクロン株

オミクロン株について現時点でわかっていること

2021年12月22日(水)16時30分
松岡由希子

デルタ株よりも感染拡大のスピードが速い REUTERS/Dado Ruvic/

<オミクロン株への感染が確認された国は2021年12月21日時点で106カ国。デルタ株よりも感染拡大のスピードが速い......など、現在わかっていることを整理した>

新型コロナウイルスの変異株B.1.1.529系統「オミクロン株」への感染が世界的に急拡大している。世界保健機関(WHO)によると、オミクロン株への感染が確認された国は2021年12月21日時点で106カ国にのぼる。

デルタ株よりもはるかに感染拡大のスピードが速い

オミクロン株の倍加時間(感染者数が倍になる時間)は1.5~3日で、デルタ株よりも感染拡大のスピードが速い。

11月27日にオミクロン株への感染者が初めて確認された英国では、すでにイングランド9州のうち8州でオミクロン株への感染者が過半数を占め、英ロンドンでは12月15日時点で新規感染者の83%がオミクロン株に感染した。

新型コロナウイルスへの集団免疫レベルが高い国でオミクロン株の感染が拡大しているが、このような急速な感染拡大が免疫回避によるものなのか、感染性の高さが起因しているのか、これら両方の要因の組み合わせによるのかについてはまだ明らかになっていない。

他の株に感染した人に再感染する確率が3倍高い

アメリカ国立衛生研究所(NIH)のフランシス・コリンズ所長は、「オミクロン株には57カ所もの変異があり、もはや別のウイルスとして仕切り直さざるを得ない」とフランシス・コリンズ所長を鳴らす。

オミクロン株には、ヒトの細胞へ侵入するために必要な「スパイクたんぱく質」で37個のアミノ酸置換があり、そのうち15個はスパイクたんぱく質の受容体結合部位(RBD)にあることから、既存のワクチンや抗体医薬品の有効性について懸念されている。

オミクロン株が最初に検出された南アフリカ共和国での症例279万6982件をもとにオミクロン株への再感染リスクを分析した査読前論文では「オミクロン株はベータ株やデルタ株に比べ、他の株に感染した人に再感染する確率が3倍高い」ことが示されている。

スプートニクV、シノファームの十分な予防効果は期待できない

追加接種(ブースター)しなければ、既存のワクチンのオミクロン株への予防効果は十分に期待できない。米ヴィル・バイオテクノロジー社らの研究チームがまとめた査読前論文によると、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の「Ad26.COV2.S」(1回接種)、ロシアの「スプートニクV」、中国シノファームの「BBIBP-CorV」ではオミクロン株に対する中和活性がまったくなかった。

mRNAワクチンではオミクロン株に対して一定の中和活性が維持されているものの、モデルナの「mRNA-1273」で33分の1、ファイザーの「BNT162b2」で44分の1に低下している。

追加接種(ブースター)はオミクロン株に有効だ

新型コロナウイルスワクチンの追加接種はオミクロン株に有効であるとみられる。ファイザーは、12月8日、「BNT162b2」のオミクロン株への有効性に関する初期の研究結果を発表し、「2回接種でも重症化予防の効果は期待できる」としたうえで「3回接種によりオミクロン株に対する中和抗体値が25倍上昇する」と追加接種の有効性を説いている。

また、モデルナも、12月20日に発表した初期の研究結果で、「mRNA-1273」50マイクログラムの追加接種で約37倍、100マイクログラムで約83倍、オミクロン株に対する中和抗体値が上昇することを明らかにしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日銀は緩和的な金融政策維持へ、黒田総裁が26日のセ

ワールド

北欧2国、NATO加盟実現の見通し トルコが一転支

ビジネス

小売業販売額5月は前年比3.6%増、3カ月連続プラ

ワールド

ウクライナからの穀物輸出、近く再開の可能性=伊首相

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月