最新記事

食育

アメリカの子どもの約4割が「ホットドックは植物性食品」だと思っている

2021年11月25日(木)18時50分
松岡由希子

アメリカの子どもの約4割が「ホットドッグやハンバーガー、ベーコンは植物性食品である」と思っていた LightFieldStudios-iStock

<米ファーマン大学の研究チームは、米国南東部の都市部に居住する4~7歳の子どもを対象に調査し、子どもの約4割が「ホットドッグやハンバーガー、ベーコンは植物性食品である」と思い違いしていることが明らかになった>

米国の子どもの約4割が「ホットドッグやハンバーガー、ベーコンは植物性食品である」と思い違いしていることが明らかとなった。一連の調査結果は2021年10月9日に学術雑誌「ジャーナル・オブ・エンバイロメンタルサイコロジー」で発表されている。

フライドポテトを46%が動物性食品に分類

米ファーマン大学の研究チームは、米国南東部の都市部に居住する4~7歳の子ども176人を対象に調査を実施。被験者の平均年齢は5.8歳で、47%が女児であった。

まず、チーズやチキンナゲット、フライドポテト、ニンジンなど、子供たちになじみのある食品が描かれた13枚の絵を見せ、それぞれ植物性食品と動物性食品に分類させた。

その結果、ホットドッグを植物性食品に分類した被験者の割合は39.7%であった。同様に、40.9%がベーコン、44.3%がチーズ、36.3%がハンバーガーを植物性食品に分類した。

また、フライドポテトを動物性食品に分類した割合は46.5%。同様に、35.2%がポップコーン、31.8%がアーモンドを動物性食品に分類している。

多くの子どもたちは、原料が肉であることを知らず消費

さらに、牛、ブタ、ニワトリ、魚といった食料源となる動物や、イヌ、ネコ、馬、サル、泥、砂など、14枚の絵を見せて、食べられるものと食べられないものとに分類させた。

その結果、牛を食べられないものに分類した被験者の割合は76.7%にのぼった。73.3%がブタ、65.91%がニワトリを食べられないものに分類している。

研究チームは、これらの調査結果をふまえ、「動物性食品の消費を正当化するために論理武装する大人と異なり、子供たちは無邪気に肉を食べている」と指摘。多くの子どもたちは、その原料が肉であることを知らずに動物性食品を消費している。

「環境に配慮した食生活を習慣化するうえで好機」

研究チームは、環境に配慮した食生活を習慣化するうえで、むしろこれを好機とみる。「中年期以降よりも幼年期のほうが、菜食中心の食生活を容易に身につけやすいのではないか」と考察。「若者の環境活動は家庭の食卓から始まる。アニマルウェルフェア(動物福祉)に反する食品の摂取を控えることで、子供たちは環境に対する道徳的な見識に沿って行動するようになるだろう。また、子どもたちの食行動が親世代に影響をもたらすかもしれない」と述べている。


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

核兵器使用で「深刻な結果」招く、NATOがロシアに

ビジネス

英中銀、市場が「機能不全」に陥るときのみ国債売却停

ビジネス

「不確実性に拍車かけるな」仏中銀総裁が警告、市場変

ワールド

ロシア編入投票、圧倒的多数が支持 序盤の暫定集計で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 4

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 5

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 6

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 7

    プーチンに自国を売り渡し、「戦争の共犯者」に成り…

  • 8

    プーチン動員令、国内パニックだけじゃない深刻な影響

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月