松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員として英国・ロンドンで計6年強を過ごす。駐在員時は、在英日本人向けに英国および欧州のビジネスニュースを日本語で配信する日系企業にて編集・執筆などに従事。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に幅広い分野の翻訳・ライティング(ときどき通訳)を行っている。

都市伝説

「MOMOチャレンジ」はフェイクニュースが産んだ都市伝説

2019.03.04
家族

フランスの学校、同性婚家族への配慮で「父」「母」の呼び方を「親1」「親2」へ

2019.02.21
大麻

思春期に大麻を摂取してなければうつ病が防げたかも 米国で40万件

2019.02.20
インド

「同意なく僕を産んだ」インドの男性、親を提訴へ

2019.02.13
睡眠

睡眠時の無呼吸、放置は危険、記憶障害やうつの危険が潜む

2019.02.08
生物

絶滅危惧種が英国の食卓に──国民食フィッシュ&チップスのDNA調査で明らかに

2019.02.04
ロシア

「ノビチョク事件」の風刺ゲームがロシアで完売 英国人の怒りを買う

2019.01.31
マイクロプラスチック

コンタクトレンズを流し捨てている人多数で、英国で無料リサイクル開始

2019.01.25
ブレグジット

「静粛にぃぃぃぃ!」ブレグジットで揺れる英国議会、世界が注目したのは......

2019.01.21
ヘルス

「ソースの2度づけ禁止」は正しかった──5秒ルールより不衛生

2019.01.17
動物

米空港の安全を守るワンコ、垂れ耳が求められるワケとは

2019.01.11
ブレグジット

イギリスのEU離脱阻止を目指しオランダでアイドルグループが結成された

2019.01.08
イギリス

英空港を襲ったドローン騒ぎ、「そもそもドローンなんかなかった」!?

2018.12.25
認知症

1日1杯弱のオレンジジュースがあなたを認知症から救うのかも

2018.12.20
香港

現金が空から降ってくる!? 香港で現金をばら撒いた男性逮捕

2018.12.18
メンタル

ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候群」って何?

2018.12.12
中国社会

中国・深センのマラソン大会、258人が不正で処分──でも実は「普通」のこと!?

2018.12.03
遺物

「モアイ像返して」イースター島知事が涙で訴え

2018.11.30
オンラインデータ

フランスの脱税対策、納税者のSNSで生活ぶりをチェックへ

2018.11.27
事件

ジョン・レノン殺害犯の10回目の仮釈放申請を却下、そのやり取りが公開される

2018.11.19

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月