最新記事

SNS

ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シンガーに続々とオファー

2019年10月8日(火)16時30分
松丸さとみ

この女性が誰なのかを割り出そうと大騒ぎに...... Inside Edition-YouTube

<ロサンゼルス市警がツイートした地下鉄駅で歌っていたホームレス女性の動画が大きな話題になり、この女性に続々とオファーが届いている......>

21世紀のアメリカンドリームは1本のSNSから

9月27日、1本のツイッター動画が、ある女性の人生を変えた。米ロサンゼルスの地下鉄駅で歌っていたホームレス女性の歌声に感動したロサンゼルス市警(LAPD)の警官が、動画を撮って次のように書いてツイッターに投稿した。「LAを自分の街だと呼ぶ人は400万人。400万の物語がある。400万の声がある......足を止めてひとつの声に耳を傾けずにいられなくなることもある。美しいものを聞くために」

このツイートは6000回以上リツイートされ、現在の動画再生回数は110万回以上に達している。米NBCニュースは、動画があまりにも話題になったため、この人物が誰なのかを割り出そうと南カリフォルニアは大騒ぎになったと伝えている。

女性は、約30年前にロシアから米国にわたったエミリー・ザモールカさん(52)だということが明らかになった。ザモールカさんは、正式に音楽を学んだことはない。ロサンゼルス・タイムズ(LAタイムズ)によると、ロシアに住んでいた子どもの頃、テレビでやっていたオペラを真似して歌を覚えた。高校でバイオリンとピアノの弾き方を教わった。

24歳の時に米国に移り、ミズーリー州やワシントン州などで暮らしていた。すい臓と肝臓の不調に悩まされ、ロシア出身の友人にロサンゼルスの病院を紹介され、ロスにやってきたようだ。数カ月の入院を経てようやく体調が回復すると、音楽を教えながら生計を立てていた。

しかし金銭的に援助してくれていた友人が亡くなり、生活費の足しとして路上でバイオリンを弾くようになったという。またCBSロサンゼルスなどによると、体調を崩したときの医療費がかさみ、その返済にも苦労していたようだ。

そんなとき、1万ドル相当という商売道具のバイオリンが人に取られ、壊されてしまった。そのため家賃が払えなくなり、住んでいた家を追い出されてしまった。ザモールカさんはNBCロサンゼルスに対し、バイオリンは「私の収入源。すべてだった」と話している。そして今度は、絶対に盗まれない楽器──声を使ってパフォーマンスを始めたのだ。

ニュース速報

ワールド

豪シドニー、ロックダウン1カ月延長 コロナ感染者の

ビジネス

第2四半期の豪CPI、約13年ぶりの高い伸び コア

ワールド

韓国、コロナ新規感染者が最多更新 第4波封じ込めに

ワールド

英競売クリスティーズ、香港拠点を4倍に拡張へ

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月