最新記事

宇宙

NASA長官の「冥王星は惑星」発言、クイーンのブライアン・メイも全面支持

2019年9月4日(水)18時00分
松丸さとみ

アポロ9号の宇宙飛行士ラッセル・シュウェイカートと話すブライアン・メイ Arnd Wiegmann-REUTERS

<NASAのジム・ブライデンスタイン長官が、「冥王星は惑星」だとの個人的な考えを示し、話題になっている......>

繰り返されてきた冥王星の惑星議論

子どもの頃、太陽系の惑星の並びを覚えるのに、「水金地火木土天海冥」または「水金地火木土天冥海」と言っていた人も多いのではないだろうか? (海王星と冥王星の順番については、1979〜1999年は冥王星の方が太陽に近くなっていたため「冥海」となっていた。現在は「海冥」の並び)

ところが2006年、国際天文学連合(IAU)が新たに「惑星」の定義を定めたことで、冥王星は惑星から外れ、準惑星に「格下げ」されてしまった。ということで現在は、太陽系に惑星は8つしかないことになっている。

しかし米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官はこのほど、個人的な見解としながらも「冥王星は惑星」だとの考えを示し、話題になった。

この発言を受けて、ロックバンド「クイーン」のギタリストで、天文物理学の博士号を持つブライアン・メイ氏も、長官を支持すると表明。「冥王星はやはり惑星!?」との議論が再燃している。教育ニュースサイトcuriosity.comが昨年10月12日付で「冥王星の惑星議論がなくならない理由」という記事で書いた通り、この議論はこれまでも繰り返し行われてきた。

NASA長官「考えは変わらない」

エクスプレス紙によると、ブライデンスタイン長官が今回冥王星について発言したのは、コロラド大学の構内で行われたイベントだ。ここで同長官は、「ちなみに、私に言わせてみれば冥王星は惑星だ」と発言したのだ。

そのときの様子は、気象学者であり気象ジャーナリストでもあるコリー・レッペンへーゲン氏が、「たぶんテレビで放送されることはないと思うけど、私にとって今日のお気に入りのサウンドバイト」と一言添えて、動画付きでツイッターに投稿している(サウンドバイトとは、テレビなどの放送用に抜粋された言葉や映像)。


動画の中でブライデンスタイン長官は、「"NASAの長官が冥王星を再び惑星だと宣言した"って書いてくれてもいい。この考えを貫く。私はそう教わったし、この考えは変わらない」とはっきり話している。動画を投稿したレッペンへーゲン氏はツイートの中で、「冥王星サポーターとして、本当に(この発言に)感謝する」と書いた。

関連ワード

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月