注目のキーワード

NASA

ニューズウィーク日本版『NASA』に関する記事一覧

「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される
宇宙

「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

<1800光年先のはくちょう座にある三重連星系『KOI-5』のうちの1つの星を公転する系外惑星「KO...

2021.01.18
「はやぶさ2」が持ち帰ったリュウグウの試料、NASAは研究室を建設して研究保管
はやぶさ2

「はやぶさ2」が持ち帰ったリュウグウの試料、NASAは研究室を建設して研究保管

<現在、米ヒューストンにあるNASAのジョンソン宇宙センター(JSC)では、地球外試料の特性評価や文...

2020.12.10
「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果
宇宙

「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

<暗黒物質がほぼ存在しない銀河が見つかり注目されていたが、「大質量銀河に接近したことで、この潮汐力に...

2020.11.30
アンテナ老朽化、約8ヶ月ぶりにボイジャー2号に向けてコマンド送信に成功した
ボイジャー

アンテナ老朽化、約8ヶ月ぶりにボイジャー2号に向けてコマンド送信に成功した

<太陽系を取り囲む「太陽圏」を脱しているボイジャー2号。2020年3月上旬から、地球との交信が中断し...

2020.11.09
新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?
宇宙船

新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

<米シアトルの企業が、原子力宇宙船のエンジンをNASAに提出> 米ワシントン州シアトルに拠点を置く...

2020.10.27
ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇を観測
ボイジャー

ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇を観測

<1977年に打ち上げられた無人宇宙探査機「ボイジャー2号」は、太陽系を取り囲む「太陽圏」を脱し、な...

2020.10.26
地磁気が異常に弱いエリアが南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂
地球

地磁気が異常に弱いエリアが南大西洋を北西に移動しながら2つに分裂

<南米から南大西洋にわたって「南大西洋異常帯(SAA)」と呼ばれる地磁気が異常に弱いエリアが広がって...

2020.08.20
宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽画像
太陽

宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽画像

<欧米共同開発の太陽探査機「ソーラー・オービター」は、これまで研究者を悩ませてきた太陽の様々な謎を解...

2020.07.17
火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデルで算出される
火星

火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデルで算出される

<「他の惑星で自立的に生活するためには、何人が必要か」という問いに仏ボルドー工科大学の研究者は、独自...

2020.07.06
米宇宙船クルードラゴン、ISSにドッキング成功
宇宙

米宇宙船クルードラゴン、ISSにドッキング成功

米フロリダ州から打ち上げられた米宇宙ベンチャー「スペースX」開発の宇宙船「クルー・ドラゴン」は31日...

2020.06.01

人気ランキング

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice