最新記事

ロシア

プーチン肝いり、カムチャッカに巨大リゾート誕生? 「頼みの綱」は中国資金

2019年11月1日(金)17時50分
松丸さとみ

カムチャッカ半島は今後開発が進む?...... france24-YouTube

<ウラジオストクで「東方経済フォーラム」が開催され、カムチャッカでの観光開発が計画されるなど、ロシアは極東地域の開発に力を入れつつある......>

国土41%を占める広さに人口わずか6%

広大なロシアの中で最も東に位置する極東連邦管区は、国土の約41%を占めるが、人口はわずか全国の6%にしか過ぎない。しかしプーチン大統領は、2022年までに47億ルーブル(約80億円)を投じてこの地域を開発する計画を立てている。フランスのニュースサイト「フランス24」が報じた。

モスクワやサンクトペテルブルクなど大都市が西側に集中しているロシアにとって、他の都市から孤立している極東地域はこれまで、ほとんど手付かずの状態だった。10月22日付の英インディペンデント紙によると、極東連邦管区の中でも最も東側に位置するカムチャッカ地方には現在、舗装された道路がわずか600キロ弱しかない。そのほとんどが半島南部の3都市にあるものであり、極東連邦管区の人口の80%もこれらの都市に集中している。

汎アジアのビジネス・コンサルティング会社デザン・シラがロシアのビジネス・ニュースを発信するサイト「ロシア・ブリーフィング・ニュース」は今年9月、プーチン大統領の発言を引用する形で、極東地域からの若い世代の流出が著しいと伝えた。若い人たちは、他の土地でのチャンスを求めてこの地域を後にしているのだという。フランス24も、年間1万7000人のスピードで人口が減少していると報じている。

極東地域に6兆円弱の投資契約

しかしプーチン大統領は、この現状を変える計画を立てている。極東連邦管区に47億ルーブルを投じて、道路や橋などを整備し、電力網を構築し、温泉施設を整えるというのだ。ロシアに温泉?と驚いてしまうが、極東連邦管区の中でも最も東のカムチャッカ半島には火山群があり、ユネスコの世界遺産にも登録されている。温泉が湧くのも不思議はなく、現在でもいくつもの温泉施設があり、人気の観光資源になっているようだ。

9月にはウラジオストクで、極東連邦管区に海外からの民間投資を呼び込むことが目的の国際会議「 東方経済フォーラム」が開催された。ここでの成果は過去最大となり、中国メディア財新のグローバル版によると、公表されている分だけでも3.4兆ルーブル(約5.7兆円)に上る270件の契約が締結されたという。

契約内容を見ると、化学工場や工業団地、油田やガスなどの探査といった設備の建設や、大学の設立などが含まれ、実にさまざまだ。こうした新たな施設は極東地域での経済を活性化し、雇用を生むことになる。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ワールド

新型コロナ感染者、ロシア・東欧で増加 西欧は減少=

ビジネス

英消費者、コロナ封鎖下で借金返済優先 住宅ローン承

ワールド

米デモ隊対応の警官が銃で撃たれる、セントルイスとラ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 2

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 3

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 8

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 9

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月