松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員として英国・ロンドンで計6年強を過ごす。駐在員時は、在英日本人向けに英国および欧州のビジネスニュースを日本語で配信する日系企業にて編集・執筆などに従事。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に幅広い分野の翻訳・ライティング(ときどき通訳)を行っている。

宇宙人

宇宙人が来たらどうする? 米国初の本格調査

2018.02.28
英王室

「MeToo」賛同で黒づくめの英アカデミー、キャサリン妃の苦渋の決断

2018.02.26
ランニング

東京マラソンも「笑顔」で! ランニングのパフォーマンスを上げるコツ

2018.02.23
健康

熱々のお茶は要注意 飲み方によって食道がんのリスクを5倍に

2018.02.19
中国

米と兔はなぁんだ? 絵文字でセクハラと戦う中国の#MeToo

2018.02.14
#MeToo

フランス、路上のセクハラが1万円以上の罰金対象に

2018.02.06

265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

2018.01.30
動物

猫の利き手は性別で決まる? 利き手を探る調査で判明

2018.01.26
人口

現在、東京が1位。2050年はどの都市が?

2018.01.22
性犯罪

インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

2018.01.15
飲酒

アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

2018.01.09
エアライン

顧客満足度の高い&低いエアラインはここだ 英調査

2017.12.27
健康

「頑固じいちゃん・ばあちゃん」は長生き? イタリアの長寿村調査で分かったこと

2017.12.25
天体

ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分かったこと

2017.12.21
動物

インスタグラムで、あるハッシュタグを検索すると野生動物保護の警告が表示

2017.12.19
クリスマス

史上最もハッピーなクリスマスソング? 200曲を分析し、科学の力で完成

2017.12.18
天体

太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

2017.12.14
飲酒

飲むお酒の種類で気分が変わる──ワインはリラックス、蒸留酒は...

2017.12.08
ペット

犬を飼うと長生きに! おひとり様に特に効果大

2017.11.30
健康

エネルギー飲料はむしろ「心と体の健康に悪い」、米研究者が警告

2017.11.27

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月