最新記事

ネイチャー

自然の音を聞くと気分が落ち着く...は、科学的に実証されている

2018年9月6日(木)18時25分
松丸さとみ

自然の音を聞くと気分が落ち着く? ikick-iStock

<自然の音を聞くと気分が落ち着く? これは単に「気分的なもの」ではなく、科学的実験で実証されていた>

米国立公園内で録音された自然音

都会でせわしなく働いていると、なかなか「自然の音」に触れる機会はないものだ。そんなあなたにぜひ試してもらいたいのが、米国の国立公園局が設立102年を記念してこのほど公開した、全米内の複数の国立公園で録音された自然音のサウンド・クリップだ。

パークトラックス」と名付けられたこの音源は、鳥のさえずりや雷鳴、動物の鳴き声などが収録されており、まるで米国の広大な自然に抱かれているような気分になれる。12分強のMP3でダウンロードが可能だ。自分のスマートフォンやパソコンに入れれば、インターネットにつながずに再生できる。

自然の音を聞くと気分が落ち着くという人は多いのではないだろうか? これは決して単なる「気分的なもの」ではなく、科学的な説明がなされている。昨年、脳のスキャンや心拍数モニターなどを使って森などの自然環境音による心理的な効果を検証した、世界で初めての実験が行われたのだ。結果は科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

自然音で副交感神経系の働きが高まる

米国の女性向け健康雑誌「ヘルス」の電子版(2017年4月5日付)によると、英国のブライトン・サセックス・メディカル・スクールは、17人の成人に、5分間の自然環境音と人工音をそれぞれ聞いてもらった。実験参加者は音を聞いている間、集中力と反応時間を測定するためにタスクを与えられた。この時の脳の様子を磁気共鳴機能画像法(fMRI)のスキャンを見て分析するとともに、自律神経系の変化を測定するために、心拍数がモニターされた。自律神経系は、呼吸や血圧、体温の調整、代謝、消化といった人間が無意識で行なっている処理を司る。

fMRIを分析したところ、人工音を聞いている時は心配や気分の落ち込みといった心理的ストレスに関係するパターンを示した。心拍数にも変化がみられた。物事に対する反応も、自然音を聞いていた時と比べ遅くなったという。

一方で、自然音を聞いている時は、全体的に体の交感神経反応(危険などに面した際に出る「戦うか逃げるか反応」を引き起こすもの)が低下し、体をリラックスさせる副交感神経反応が高まることが示された。



(参考記事)噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

関連ワード

ニュース速報

ワールド

台湾独立は戦争を意味する=中国国防省

ワールド

焦点:米極右「プラウド・ボーイズ」リーダー、捜査協

ワールド

米国の対中政策、戦略的競争相手は誤り=駐米大使

ビジネス

オリエンタルランドの4─12月期、198億円の営業

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 2

    トランプが新党を立ち上げればアメリカの第2政党になる

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    オバマのお気に入りは「エリート」な日本製の水性ボ…

  • 5

    「それは私の仕事ではありません」 ワークマンはそん…

  • 6

    日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

  • 7

    「小学校の図書室に歴史修正主義の本があります」ど…

  • 8

    ナワリヌイ釈放要求デモはロシアをどう変えたか

  • 9

    韓国の次世代空母導入で変わる北東アジアの勢力図

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 7

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 8

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 9

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 10

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月