注目のキーワード

アメリカ

Newsweekアーカイブ『アメリカ』に関する記事一覧

        
捕鯨に執着しないほうが賢い選択では?
Edge of Europe コリン・ジョイス

捕鯨に執着しないほうが賢い選択では?

<欧米などの反捕鯨国も捕鯨にこだわる日本も、クジラにまつわる主張には偽善と政治的思惑がつきまとう> ...

2019.02.15
        
13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛
for WOMAN

13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

<ネットを賑わせている、足が速すぎる少年。その運動神経はNFL選手も舌を巻くレベルだった> 「ブレ...

2019.02.14
        
女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で他人にセクハラをすべきでない」メッセージを込めた話題作
for WOMAN

女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で他人にセクハラをすべきでない」メッセージを込めた話題作

<主人公が最新(&最終)シーズンでセクハラ加害者に?! 個性派コメディー『アンブレイカブル・キミー・...

2019.02.14
        
樹海騒動のユーチューバーも...2018年、全米で最もググられた10人!
for WOMAN

樹海騒動のユーチューバーも...2018年、全米で最もググられた10人!

<歌手に判事、ユーチューバーまで──。年間グーグル検索数トップ10の彼らはいつ、どうして人々の好奇心...

2019.02.12
中距離核(INF)全廃条約破棄、トランプの本当の狙いは中国の抑止か
核兵器

中距離核(INF)全廃条約破棄、トランプの本当の狙いは中国の抑止か

<核軍拡レースを懸念する声が上がる一方で中国の中距離弾道ミサイル増強も見逃せない> ポンペオ米国務...

2019.02.09
ディープラーニングの進化で、AI時代の未来は中国の手中に
テクノロジー

ディープラーニングの進化で、AI時代の未来は中国の手中に

<囲碁でAIに敗れたショックが中国テクノロジー界の快進撃に火を付けた> かつてグーグルの中国部門を...

2019.02.08
        
「神様、どうか力を下さい」──アメリカに奪われた8歳の息子を私が取り戻すまで
for WOMAN

「神様、どうか力を下さい」──アメリカに奪われた8歳の息子を私が取り戻すまで

<トランプの「不寛容政策」で多くの親子が引き裂かれた――グアテマラ人女性が8歳の息子と再会するまでの...

2019.02.06
        
上限2カ月? 取得単位ゼロ? 日本型留学は周回遅れ
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

上限2カ月? 取得単位ゼロ? 日本型留学は周回遅れ

<文科省や国立大学による単位取得を目的としない留学制度は、学生にいったい何をやって来いと言うのか?>...

2019.01.29
寄せ集めコラージュで「優等生国家」スイスの仮面を剥がす
アート

寄せ集めコラージュで「優等生国家」スイスの仮面を剥がす

<「ブリコラージュ」の鬼才トム・サックスがエスプリを利かせてスイスの実像をさらす展覧会を開催中> ...

2019.01.22
        
「こんまり」流が全米に拡散――ネット番組のヒットで日本発の片付け術が急激に広まっている
for WOMAN

「こんまり」流が全米に拡散――ネット番組のヒットで日本発の片付け術が急激に広まっている

<ネットフリックスで1月から番組配信を開始するや「Konmari」という言葉がアメリカのソーシャルメ...

2019.01.21
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら