最新記事

オンライン・ショッピング

アマゾンなどに「フェイク・レビュー」、英消費者団体の潜入調査で実態判明

2018年10月23日(火)11時04分
松丸さとみ

「フェイク・レビュー」が大手サイトで横行している… stockcam-iStock

<英国の消費者団体が、アマゾンにフェイク・レビューを投稿する活動をしているとされるグループに潜入し、実態を調査した...>

フェイク・レビューの実態

電化製品や本など何か購入する際に、オンラインでレビューを確認してから買うという人は多いのではないだろうか? 英国の消費者団体「Which?」(ウィッチ?)の調査では、オンライン・レビューを参考にする人と答えた人は97%に上った。しかし高評価だったのに買ってみたらガッカリしたという経験を持つ人は31%に達した。

実際の商品とは関係なく高評価をつけてメーカーから見返りを得る「フェイク・レビュー」がアマゾンなど大手サイトで横行している。そこでウィッチ?は、Facebookの「グループ」機能を使ってアマゾンにフェイク・レビューを投稿する活動をしているとされるグループに潜入し、実態を調査した

ウィッチ?の調査員はまず、Facebookとアマゾンのアカウントを調査用に新たに開設した。Facebookには「アマゾン・ディールズ・グループ」と「アマゾンUKレビューワーズ」といったものを中心に、フェイク・レビューを書くグループが複数あり、合計で最大8万7000人が活動している可能性があるとウィッチ?は述べている。

グループではまず、企業が「レビューを書いて欲しい商品」を投稿する。メンバーは、商品を自分で購入する必要がある。レビューを投稿した際に「アマゾンで購入」というバッジを付けてもらうためだ。ポジティブなレビューを投稿したことが確認されると、ペイパルでメーカーから商品代が返金される。時にはプラスアルファの金額を支払ってもらえることもあるという。

ウィッチ?の調査員は、受け取った商品について正直に2つ星のレビューを投稿してみたという。するとメーカーから、無料で商品をあげるのだからレビューを書き直せ、という指示があった。別の機会では、3つ星レビューを書いたところ、5つ星に書き直さないと返金しない、と告げられたという。調査員はこれを拒否。結局、返金は受けられなかったとしている。

また、メーカーが「英国のレビューワーのみ」という募集の仕方をしていたため、他国でも同様の活動がなされている可能性があると調査員は指摘している。印象としては、「極東地域のメーカーが、アマゾンにレビューを書いてくれる欧米の消費者を求めている」ように見受けられたという。

ウィッチ?は、「売り手は、有料レビューを書かせて消費者を騙している」と指摘。今回の調査結果についてはFacebookとアマゾンにそれぞれ報告したという。

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 5

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 8

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 9

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 10

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月