最新記事

ファッション

メーガン妃の必需品──プリンセス・ファッションの鍵はヌードカラーのパンプス

2018年11月12日(月)14時30分
松丸さとみ

今年10月のシドニー滞在中も何度か着用 Kirsty Wigglesworth-REUTERS

<脚が長く見え、品があって流行に左右されない...プリンセスたちが愛用するのはヌードカラーのハイヒールだ>

英国のロイヤル・ファミリーが身に付けた物や服は、たちまち話題になったりヒット商品になったりすることがよくある。ヘンリー王子がオシャレな女優、メーガン妃を迎えたことで、王室メンバーが何を着るかにはこれまで以上に熱い視線が注がれている。そして今話題の「ロイヤル・ファッション」は、ヌードカラーのハイヒールだ。

欧州の王室ファッションで頻繁に登場

ロイヤル・ファミリーや芸能人のニュースを主に扱う英雑誌OK!マガジンは、「メーガン妃はヘンリー王子と結婚してロイヤル・ファミリーの一員になって以来、キャサリン妃からファッション・アドバイスをたくさんもらっている」と伝えている。服装やヘアスタイルまでも、キャサリン妃の影響を受けていることが多いというのだ。

同誌はさらに、公務で2人はヌードカラーのハイヒールを履いていることが多い、と指摘する。

デイリー・メール紙によると、例えばキャサリン妃はこれまで、英国のファッション・ブランド「エル・ケー・ベネット(L.K.Benett)」のヌードカラーのパンプスをさまざまな服装に合わせてきた。一方のメーガン妃は、王室メンバーになって以来、英国の靴ブランド「マノロ・ブラニク」のヌードカラーのハイヒールパンプスを何度も着用しているという。

chathrine1112.jpg

10月、公務中のキャサリン妃 Peter Nicholls-REUTERS

デイリー・メールはさらに、英国王室のみならず、他のヨーロッパ諸国のロイヤル・ファミリーがヌードカラーのハイヒールを定番ファッションとして愛用していると伝えている。例えば、スペインのレティシア王妃とデンマークのメアリー皇太子妃。一般人から王室に嫁いだことや、美しくてファッション・センスが抜群なことから、よくキャサリン妃と比べられる女性たちだ。そしてこの2人も、ヌードカラーのハイヒールを愛用しているという。

脚長効果あり、ポイントは自分の肌の色に合わせて

スタイリストのドニー・ガレラ氏はデイリー・メールに対し、「すべての女性の人生にはヌード・パンプスが必要」と主張する。脚が長く見える上に、背が高く、痩せて見えるというのだ。さらに「品があって流行に左右されず、自分が持っているどんな服にも合う」のがポイント。これが、「多くのセレブや王族の女性たちに愛用されている理由」だとガレラ氏は説明する。

それなら私もこの秋に一足買おうかな......と思った人のために、ガレラ氏のアドバイスは、「まずは自分の肌の色を考えること」。「ヌードカラー」であり「ベージュ」でないのはこれが理由だ。ひとくちに「肌色」と言ってもさまざまなトーンがある。ベージュ色のパンプスを買えば自動的に脚が長く見えるというものでもないのだ。自分の脚の色に合ったヌードカラーを選ぼう。

もっと脚長効果を期待したい人は、「プラットフォーム・タイプがいい」とガレラ氏は話す。「プラットフォーム」とは靴底が厚くなっているタイプの靴で、かかとが上がるだけでなく背そのものが高くなる。その上、ヒールとの高さの差が靴底分だけ減るので、履いていて若干楽なはずだ。

プリンセスたちは高価なブランドのハイヒールを愛用しているようだが、必ずしも高いものでなくても当然、構わない。ファッション誌コスモポリタン(英国版)によると、庶民の味方、英国のマークス・アンド・スペンサーは今年8月、靴の中にも「多様性」を取り入れた。「ヌードカラー・ハイヒール」の色を6色で展開し始めたのだ。しかも金額は、通常のハイヒールが19.50ポンド(約2800円)で、プラットフォーム・タイプのハイヒールが25ポンド(約3500円)とかなりお手頃だ。残念ながら日本からは購入できないようだが、日本でもさまざまなショップがヌードカラーのハイヒールを出しているはず。ぜひ自分の肌にぴったりの一足を見つけて、プリンセスの着こなしを真似してみよう。

ニュース速報

ワールド

中東4カ国で新型ウイルス感染初めて確認、イランから

ワールド

イタリア、新型ウイルスの死者計6人・感染者220人

ビジネス

中国人民銀、新型肺炎対策に一段の措置 穏健な金融政

ビジネス

独IFO業況指数、2月は予想外の上昇 新型肺炎に懸

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

  • 5

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    アメリカ日本食ブームの立役者、ロッキー青木の財産…

  • 4

    女子サッカーで世界初、生理周期に合わせてトレーニ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!