松丸さとみ

フリーランス翻訳者・ライター。学生や日系企業駐在員として英国・ロンドンで計6年強を過ごす。駐在員時は、在英日本人向けに英国および欧州のビジネスニュースを日本語で配信する日系企業にて編集・執筆などに従事。現在は、フリーランスにて時事ネタを中心に幅広い分野の翻訳・ライティング(ときどき通訳)を行っている。

中毒しやすい食べ物? ジャンクフードとドラッグの共通点

2018.08.30
ヘルス

炭水化物は悪者じゃない! 長生きのために適度な量をちゃんと取ろう

2018.08.28
音声アシスタント

「アレクサ、おめえ、スコットランド人嫌いだべ!?」

2018.08.24
医療

女性の心臓発作、女性医師が担当する方が男性医師より高生存率

2018.08.22
調査

「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

2018.08.14
育児

北欧式マタニティボックスを英国が導入検討──ただし強い反対意見も

2018.08.09
ビートルズ

ストロベリー・フィールズよ永遠に──あのビートルズ聖地が復活へ

2018.08.07
アルツハイマー

炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスクが3割増

2018.08.06
日本

怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対応で話題に

2018.07.30
ペット

「犬は6分で死ぬ」 猛暑の車内への置き去りはほんの数分も絶対ダメ

2018.07.26
ビジネス

週休3日にしたら幸せになると判明──「労働時間=仕事の成果」ではない

2018.07.23
教育

感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコプター・ペアレントは人のためならず?

2018.07.20
事件

出会い系サイト殺人事件、解決に導いたのは被害者の愛犬コーギー

2018.07.20
個人情報

W杯、首にかけたファンIDカード情報の行方が問題

2018.07.11
救助

タイ洞窟のサッカー少年たち、心身を支える瞑想で耐えた9日間

2018.07.09
調査

最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女性に最も危険な国は?

2018.07.09
動物

「飼い主様を救え!」 必死に心肺蘇生術を施す犬のビデオが話題に

2018.07.02
音声アシスタント

「奇行」つづく、アマゾンの音声アシスタント・アレクサ

2018.06.29
ロシアW杯

W杯で荒れる中国、サッカーギャンブルが社会問題に

2018.06.28
自撮り

キラウエア火山、危なすぎる自撮りが問題に

2018.06.26

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 5

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 10

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月