最新記事

個人情報

W杯、首にかけたファンIDカード情報の行方が問題

2018年7月11日(水)19時00分
松丸さとみ

フランス強いですね。胸からぶら下げたファンIDの管理もお気をつけ下さい Toru Hanai-REUTERS

<ロシアW杯で試合会場に入場するのに必須の身分証明書「ファンID」が初めて試みられた。テロ&フーリガン対策だが、今後のデータの漏えいや紛失が懸念されている>

個人情報が盛りだくさんのファンID

現在ロシアで開催中のサッカー・ワールドカップ(W杯)で、初の試みがなされている。「ファンID」だ。氏名、生年月日、パスポート番号、住所、電話番号、メールアドレスといった重要な個人情報を記録した、首から下げるタイプのパスポートサイズのIDカードだ。

試合会場に入場するには必須の身分証明書で、これがあればロシアへのビザが不要になる上、開催都市間の移動手段が一部無料で提供されたり、レストランなどで割引が受けられたりして、ファンにとってもありがたいものになっている。

米紙ニューヨーク・タイムズは、「一生の思い出」とこのIDを喜んでいるファンがいる一方で、データの漏えいや紛失の不安は拭えない、と伝えている。

同紙によると、ロシアは今回のW杯開催で、これまでの経験にないほどの外国人観光客を受け入れている。当然ながら、テロリストや凶暴なフーリガンが入国する可能性にも直面する。そこで活躍するのが、ファンIDというわけだ。

W杯を観戦する160万人に配布され、全員のバックグラウンド・チェックを済ませたとされている。ファンIDが配布された人物の中には当然ながら、プーチン大統領の招きで観戦している国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター元会長や、アルゼンチンの英雄的存在ディエゴ・マラドーナ元選手といった著名人も含まれる。

国際ハッカーが暗躍する国での個人情報収集

一方で、個人情報に関するセキュリティへの不安は拭えない。データは、FIFAとの合意に基づきロシアの通信マスコミ省が記録し、機密情報として厳格に扱うとロシア側は説明している。

しかしニューヨーク・タイムズは、ロシアを拠点とする国際ハッカーがいると言われていることや、ロシアでは政府が国民を監視してきたという長い歴史があることから、個人情報データのセキュリティを懸念する声が上がっていると伝える。

貴重な個人情報と引き換えに無料のグッズなどが提供される「監視経済」の一環だと指摘するのは、米ブラウン大学で教鞭を執るサイバーセキュリティの専門家ティモシー・エドガー氏だ。「ロシアは大会後、情報を速やかに破棄するべき。さもないと、漏えいや紛失の可能性が出て来る」とニューヨーク・タイムズに述べた。

インドの英字日刊紙フィナンシャル・エクスプレスは、「インド版マイナンバー」と呼ばれる「アドハー」にファンIDをなぞらえる。アドハーはインドが導入している生体認証IDで、国民の指紋や虹彩の情報を登録している。銀行口座の開設や携帯電話のSIMカードの購入ができるほか、国の補助金などを受け取る際にもアドハーを使用する。

しかしインドのメディア「Scroll.in」はアドハーを「世界最大の監視エンジン」と描写し、プライバシーの終焉だと報じている。ファンIDも同様に、プライバシーの侵害だと受け止める向きもあるようだ。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月