最新記事

調査

「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

2018年8月14日(火)18時00分
松丸さとみ

「おまいら、なんでシングルなんだ?」igor_kell-iStock

<男性たちに独り身でいる理由を尋ねる質問がネット上に投稿され、1万以上のコメントが集まった。それをある大学の研究者が分析した...>

男性未婚率の高まりは世界的な傾向

日本では男性の4人に1人が、生涯を独身で過ごすとみられているが(「国立社会保障・人口問題研究所」の「人口統計資料集2018」で男性の生涯未婚率は23.37%)、未婚・晩婚の傾向は世界的なようだ。そんな男性たちに独り身でいる理由を尋ねる質問がネット上に投稿され、実にさまざまな答えが集まった。

「米国版2ちゃんねる」とも呼ばれるインターネット掲示板レディット(Reddit)で1年ほど前、こんな質問が投稿された。「おまいら、なんでシングルなんだ?」。この「シングル」には、独身というだけでなく、恋人がいないことも含まれる。この質問には現在、2万件近いコメントが付いている。

キプロス共和国の首都ニコシアにあるニコシア大学で社会学を教えるメネラオス・アポストロウ准教授は、このコメントを大真面目に分析し、世の男性はなぜシングルなのかを分類した。

調査の結果は、学術誌「エボリューショナリー・サイコロジカル・サイエンス」(進化心理学)に発表されている。

「ブサメン」、「恥ずかしい」、「女性を信じられない」

アポストロウ准教授のチームは、レディットに投稿された前述の質問についたコメント(当時は2万207件あった)のうち、1万3429件を分析。他のコメントへのコメントなど質問に直接答えていないもの、内容が明瞭でないもの、女性からのコメント、などは除外された。最終的に、6794件の回答を分析し、「男性が独り身の理由」を43種類に分類したという。

では、43の理由を回答者が多かった順から一気に紹介しよう。

1. ブサメンだから(ハゲ、チビも含む)
2. 自信がない
3. 相手を見つける努力をしていない
4. 恋愛に興味ない
5. うまく誘えない
6. 内気
7. 最近別れたばかり
8. 前の恋愛でイヤな思いをした
9. 相手が周りにいない
10. 太り過ぎ
11. 他に優先したいことがある
12. 恥ずかしい
13. 理想が高すぎる
14. 女性の前でアガってしまう
15. 時間がない
16. 人付き合いが下手
17. 独身を満喫中
18. うつ
19. 自分の性格が悪い
20. 相性のいい女性になかなか出会えない
21. 精神状態がよくない
22. 社会的実績がゼロだから
23. 1人の人をずっと想っている
24. 社交性がない
25. 前の恋愛から立ち直っていない
26. 交際をどうスタートさせるのか分からない
27. お金がない
28. 女性を信用していない
29. 相手が自分に好意を持っていても分からない
30. 性的な問題
31. 付き合うのが怖い
32. 自分はつまらない人間だから
33. 断られるのが怖い
34. いい彼氏にはなれない
35. 好きになってはいけない人ばかり好きになる
36. 同性愛者だから
37. 諦めた
38. そこまで頑張る価値はないと思う
39. 1人の人だけとか無理
40. 健康上の問題
41. 交際を続けられない
42. 中毒
43. その他

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソン…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月