最新記事

調査

「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

2018年8月14日(火)18時00分
松丸さとみ

例えば1を理由に挙げた人の中には、「身長が182センチ未満だと女性にとって透明人間も同じ」という意見も。182センチ未満でチビとはなかなか厳しい。

なお米男性誌メンズヘルスは1位の理由について、「ハゲはかっこ悪くない」として、「イケてるハゲ・セレブ」の例を挙げている(役作りで頭を剃った俳優も含む)。

5と答えた人のコメントには、「まったく興味ない女性とは普通に話せるけど、少しでもいいなと思う相手にはめちゃくちゃぎこちなくなってしまう」、「女性と話すとIQが40くらい下がってしまう」などがあった。

15には、「週6日働いていて、休みの土曜日にはゲームと睡眠」という人も。17には、「自分はイケメンなので適当な女性と寝られるから。自分の『購買力』が下がったら仕方ないから身を固めるかな」という意見もあった。34は「俺の人生という気が滅入るような洞穴に女性を迎えることなんてできない」、35は「好きになる人はいつも相手がすでにいるか、頭がおかしいか、その両方」、36は「自分はゲイだけど、いいなと思う人の99%はゲイじゃない」、37は「断られすぎてもうイヤになった」などの意見があった。いろいろな理由でシングルのままでいる男性たちだが、こうした声に同意できるおひとり様も多いのではないだろうか。

(参考記事)2050年の日本文化はサブカルから生まれ、オタクに支えられていく

現代の男性が女性を誘えないのは「進化的な理由」

調査を行なったアポストロウ准教授は英デイリーメール紙に対し、現代の男性たちが女性にうまくアプローチできないのには、「進化的な理由」があると説明する。産業革命前の時代、結婚はかつて親などによって決められたものだった。

また、男性同士の競争も今より厳しく、時に力づくで妻にめとるということも行われたのだ。そのためこの当時は、結婚相手の選択肢が少ないという点はあったにせよ、男としての外見は関係なく、女性を自分に惚れさせる必要もなかったという。

しかしアポストロウ准教授によると現代社会(欧米諸国の場合)では、親が相手を見つけてくることや、力づくで女性と結婚することもなくなり、自力で相手を見つけなければならなくなった、と現代の男性たちの苦労を説明している。

なお男性に限らず、おひとり様増加は同じく世界的な傾向のようだ。アポストロウ准教授の論文によると、英国では同棲や結婚の経験が一度もない独身者は成人の34.5%を占める(2016年英国統計局調べ)。欧州連合加盟国28カ国では、一人暮らし世帯は一般世帯の31.7%であり(2015年ユーロスタット調べ)、米国では、決まった相手がいない成人の割合は全成人の35%に上る(2013年ピュー研究所調べ)。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    世界が知る「香港」は終わった

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月