最新記事

育児

北欧式ベビーボックスを英国が導入検討──ただし強い反対意見も

2018年08月09日(木)15時30分
松丸さとみ

いいことづくめに見えるが… MmeEmil-iStock

<赤ちゃんの親に無料で配布するベビーボックスを英国が導入の動き。慈善団体が反対する理由とは?>

フィンランドでは、新生児が生まれると政府が赤ちゃんの親にベビーボックス(育児パッケージと呼ばれている)を無料でプレゼントする。英国でもこれを導入しようという動きがあるのだが、ある慈善事業団体が、反対の意向を示した。いいことづくめに見えるこのベビーボックスに、なぜ反対なのだろうか?

フィンランドでは幼児死亡率が激減

フィンランドのベビーボックスには、ベビー服や寝具、おむつ、おもちゃのほか、外出時につけられる防寒用ブーツや手袋まで入っており、箱はベビーベッドとして使用できる。同国の社会保険庁事務所(KELA)によると、ベビーボックスに入れるグッズはフィードバックをもとに毎年変わっており、2018年度版は合計64種類のベビーグッズが詰められている。

フィンランドがベビーボックスの配布を始めたのは1938年。当時は貧困層だけを対象にしていたが、1949年以降はすべての新生児がもらえるようになった(妊婦健診の受診などの条件あり)。もともとは出生率が低かったことと幼児死亡率が高かったことがきっかけだ。この育児補助制度は、ベビーボックスか現金(170ユーロ、約2万1800円)か好きな方を選べるようになっているが、KELAによると支給件数合計が毎年6万件ほどある中で、ボックスを選ぶ人は4万件に上るという。

80年にわたるこうした育児補助制度は、確実に効果を発揮しているようだ。米国の通信社UPI(2013年6月4日付の記事)によると、フィンランドの新生児死亡件数は、1930年代は1000人中65人だったが、現在は1000人中3.4人に減っている。米国の半数程度だという。

英国では一部で導入、全国へ拡大の動きも

こうした背景もあり、英国の王立助産師協会(RCM)によるとスコットランドでも近年ベビーボックスを取り入れており、イングランドでは一部で試験的に配布されるようになった。RCMは8月2日、この制度を英国全土に拡大し、新生児全員がもらえるようにすべきだと提言する声明を発表した。

というのも、RCMによると乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを高める要因を調査したところ、ベビーボックスを使うことでSIDSを減らせる可能性があることがわかったのだ。

リスクの中には、仰向けではなくうつ伏せで寝かされること、ドラッグや酒などで酔った親と同じベッドで寝ること、ソファのように柔らかくて安全ではない場所に寝かされること、などが含まれる。

RANKING

  • 1

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    飲み会中に即実践! 二日酔い対策のツボ押しと居酒屋…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    私たちがボトックスを使う理由は美容だけにあらず …

  • 1

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 2

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 3

    「子供に何も買ってやれない」社会の底辺で生きる人…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

  • 1

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 2

    性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!