最新記事

オンラインデータ

フランスの脱税対策、納税者のSNSで生活ぶりをチェックへ

2018年11月27日(火)18時45分
松丸さとみ

bombuscreative-iStock

<フランスでは、脱税対策としてSNSを細かく調べ、申告された収入額がSNSで見られるライフスタイルと乖離していないか確認する意向>

SNSでの生活ぶりと申告収入額を比較

フランス政府は今後、脱税対策としてフェイスブックやツイッターなどのソーシャルメディア(SNS)を細かく調べ、申告された収入額がSNSから見られるライフスタイルと乖離(かいり)していないか確認する意向であることが分かった。ジェラルド・ダルマナン行動・公会計相が明らかにしたもので、来年から実施される。

ロイター通信によると、ダルマナン公会計相はフランスのビジネス系テレビ番組「Capital(キャピタル)」に出演した際、「高級車を持つだけの財力がないのに、高級車と一緒に撮った写真が何枚もあるとしたら、財務当局はそれを見られるようになります。いとこや彼女に借りたものかもしれないし、そうでないのかもしれない」と話したという。

SNSを使った脱税対策は、10月にフランスで新たに成立した法律を受けて実施される試験的な試み。この法律は、脱税の取締りを目的に、より広範囲のオンラインデータを活用できるよう税務当局の権限を強化するものだ。当局はSNSなどで公開されている個人のデータを使って分析できるようになる。

フランスの国際ニュース専門チャンネル「フランス24」によると、新法では、民泊仲介サイト大手のエアビーアンドビー(Airbnb)や配車アプリのウーバーといった「シェアリング・エコノミー」のプラットホームに対しても、財務当局は利用者の収入などの情報を提供するよう求めることができるようになるとしている。

英国ではすでに運用中

フランスのニュースを英語で伝える「ザ・ローカル」は7月、脱税対策のおかげでフランス政府は2017年、海外に隠し口座を持つなどして申告漏れとなっていた179億ユーロ(約2兆3000億円)を取り返せたと報じていた。取り返した額としては前年(2016年)比で16億ユーロ減だというが、税収自体は前年の5940億ユーロ(約76兆5000億円)から6010億ユーロ(約77兆4000億円)に増加している。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月