最新記事

事件

ジョン・レノン殺害犯の10回目の仮釈放申請を却下、そのやり取りが公開される

2018年11月19日(月)18時40分
松丸さとみ

今年8月に10回目の仮釈放申請を行なったマーク・デイビッド・チャップマン REUTERS

<ジョン・レノンを射殺した男、マーク・デイビッド・チャップマンは、現在、無期刑に服しているが、今年8月に10回目の仮釈放申請を行い、その際のやり取りがこのほど公開された>

「確実に死ぬため」殺傷能力の高い銃弾を使用

世界中のビートルズ・ファン、そしてジョン・レノンのファンが40年近く憎んでいる人物がいる。1980年12月8日に、米ニューヨークのレノンの自宅「ダコタ・ハウス」前でレノンを射殺した男、マーク・デイビッド・チャップマンだ。現在、無期刑に服しており今年8月に10回目の仮釈放申請を行ったが、その際のやり取りがこのほど公開された。なお、申請は8月のうちに却下されている。

仮釈放審議会でのやり取りを明らかにしたのは、チャップマンが服役中のニューヨーク州ウェンデ刑務所。63歳になったチャップマンは、「20年から終身まで」の無期刑の判決を受けており、2002年からこの刑務所で服役している。審議会では、ジョン・レノンを射殺したことについて「年々、恥の念が強くなる」「30年前は恥じているとは言えなかったが、今は後悔の念が何たるかを理解できる」と話したといい、英ガーディアン紙は「後悔の念を口にした」と報じている。

チャップマンは事件のあった日、殺害しようと声をかける数時間前に、レノンにサインをもらっていた。その際のレノンには「信じられない」ような対応をしてもらったとチャップマンは振り返っている。実際に殺害を実行する前には、心の中で「アルバムも手に入ったじゃないか。見てみろよ、彼(レノン)がサインしてくれた。もう家に帰ろう」と考えたことを覚えている、と述べた。とはいえ、「ただ家に帰るなんてあり得なかった」と加えている。

ガーディアンによると、チャップマンがレノンを殺害した動機は、有名になりたかったから。レノンに憎しみを抱いていたわけではなかったと述べているという。また、殺傷能力がより高い「ホローポイント弾」を使用した理由については、レノンが「確実に死ぬため」だったとしつつ、「犯行直後は、彼が苦しまなかったかが気になった」と話した。

事件時チャップマンは、銃に装填されていた5発全てを発砲している。うち4発がレノンに命中し、レノンは搬送された病院で死亡が確認された。出血性ショック死だった。

ヨーコ、ジュリアンとショーンの身の安全を懸念

審議を行ったニューヨーク州仮釈放委員会は申請を却下した理由として、もし認めてしまうと、チャップマンの犯罪の深刻さを軽減してしまうこと、また、怒りにかられたり復讐したりすることを目的に、または自分の知名度を上げようとして、チャップマンに危害を加えようとする人がいるかもしれないことなどを挙げた。

仮釈放審議会を控えた8月15日や審議会当日の8月22日には、ダコタ・ハウスの正面にあるセントラル・パークの「ストロベリー・フィールズ・メモリアル」で、仮釈放の申請を却下するよう求めるファンの集会が行われていた。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 2

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査 莫大な損失の恐れ

  • 3

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 4

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 7

    香港デモと中国の対立が台湾に飛び火、三つ巴の緊張…

  • 8

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 9

    過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転から…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安倍政権批判集会以上が参加か

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 5

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 6

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 9

    韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 6

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 7

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 8

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 9

    デーブ・スペクター「吉本」「日本の芸能事務所」「…

  • 10

    「韓国に致命的な結果もたらす」日韓の安保対立でア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月