最新記事

気象

南アフリカの砂漠に大雪 ゾウ、キリン...野生動物が雪の中に佇む

2018年9月14日(金)12時50分
松丸さとみ

南アフリカの国立公園で雪の中で佇む野生動物 Kitty Viljoen/WEATHER/ METEO WORLD@StormchaserUKEU-twitter

<そろそろ春になる南アフリカで、大雪が降り、乾燥したサバンナが一面雪景色となった...>

半砂漠でも積雪

北半球では暑かった夏がそろそろ終わりようやく凌ぎすくなって来たが、南半球では春になるところだ。しかし南アフリカでは7日の金曜日から週末にかけて、雪が積もった。普段は乾燥したサバンナが雪景色に変わり、キリンやサイ、象などのアフリカの野生動物たちが、白い雪を背にして立っている姿をとらえた珍しい写真が、ソーシャル・メディアを賑わせた。

ガーディアン紙や英デイリーメール紙などによると、週末に降雪があったのは西ケープ州や東ケープ州といった南アフリカ南部を中心とした広い地域。西ケープ州にある半砂漠のカルー国立公園でも積雪がみられ、幻想的な景色が広がった。気温は氷点下まで下がり、一部では積雪が25センチにもなった地域もあったという。東ケープ州では道路が閉鎖されるほどだった。

東ケープ州在住の写真家、キティ・フィルヨーンさんは、今回雪が降った地域の1つであるスネーウで、雪の中で佇むキリンや象の姿を撮影した。英メトロ紙によると、スネーウという名前は現地の言葉で「雪山」という意味だ。その名前が示す通り、この地域での降雪はそれほど珍しいことではないらしいが、前回大雪が降ったのは2010年だったという。

フィルヨーンさんは、「動物たちは、雪になるのが事前に分かるので、暖かい地域に移動してしまう」と説明した。そのため、このような写真を撮ることができるのは珍しいようで、「象が泳ぐ姿を見るのには慣れているんだけど」とメトロに話した。



今年7月にも急激な寒波に見舞われた

アフリカは暑いと言うイメージから、雪がまったく降らないと思っている人が多いかもしれない。しかし南アフリカの「雪好き」たちが運営しているという南アフリカでの雪に関する専門サイト「スノー・リポートSA」は、「実はそんなことはない」と語る。

「スノー・リポートSA」のデータを引用して伝えた英イブニング・スタンダード(ES)紙によると、20世紀に入ってからは毎年積雪しているらしい。とはいっても、暑くて乾燥した場所に生息するイメージのキリンやサイ、アンテロープ、象などといった南アフリカの野生動物が、白い景色の中で写真に収められるのは珍しいとES紙は伝えている。

なお、南アフリカは今年7月にも急激な寒波に見舞われ、10年に1度と言われる積雪があった。


ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相が辞任、メイ首相の離脱案

ワールド

焦点:米中の新冷戦、「ブレーキ役」担うマティス国防

ビジネス

中国発改委、自動車購入税減税を提案との報道否定

ビジネス

中国への海外直接投資、1─10月は前年比+3.3%

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 3

    沖縄の風俗街は「沖縄の恥部」なのか?

  • 4

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 5

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    「歴史の悪魔」を蘇らせるのはトランプ米大統領では…

  • 9

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 10

    官民あげて日本就職に取り組む韓国の最新事情 

  • 1

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあったのはドリアン2トン

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 6

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月