最新記事

仕事

レジ打ちバイトが見つかった俳優が問いかける「働くって何だろう」

2018年9月11日(火)16時37分
松丸さとみ

「バイト」をしていた姿を写真に撮られて話題になったジェフリー・オーウェンズ ABC News-Youtube

<80年代の人気俳優が、スーパーで「バイト」をしていた姿を写真に撮られ話題になり、それが「働くとはどういうことか」ということを喚起してさらに注目を集めている>

売れない俳優のレジ打ちは惨め?

1日のうち最も長い時間を占める「仕事」。好きな仕事で食べていければ幸せだが、そうでない人も多いだろう。「働くこと」ってなんだろう?などと考えたことはないだろうか?

米国で1980年代、お茶の間で人気だったテレビ番組「コスビーショー」に出演していたが現在はすっかり表舞台に姿を見せなくなった俳優が、食料品店で「バイト」をしていた姿を写真に撮られて話題になった。

俳優の名前はジェフリー・オーウェンズだ。1984〜1992年まで米NBCで放映されていたコメディ番組にレギュラーで出演していた。最近はあまりテレビで姿が見られていなかったようだった。

ある時、ニュージャージー州のスーパーマーケット・チェーンで袋詰め作業をしている姿を、買い物客の1人に写真を撮られ、英デイリーメール紙(8月30日付)に掲載されてしまった。アルバイトをしていたのだ。同紙は「ここのスタッフの時給は11ドル(約1200円)」と書き、写真を撮った人物の談話として「すごく気の毒に思った。あれだけ長い間テレビに出ていたのに、レジ係になっちゃうなんて」という言葉を掲載した。

デイリーメールに続き、米大手FOXニュースもオーウェンズがスーパーで働く姿を報じた。

プロ選手引退後に床掃除でしのいだ人気俳優も

こうした報道は、世間から「Job shaming」(人の職業を辱める行為)と受け取られた。そしてそんな報道に反応して、世界中のファンやハリウッドから、オーウェンズを支持する声が上がった。アメリカン・フットボール(NFL)の選手から俳優になったテリー・クルーズは、「俺はNFLを引退した後、床掃除をしていた。必要ならまたやる。勤勉に働くのは何も恥ずかしいことなんかじゃない」とツイートした

他にも自身のアルバイト経験を投稿する俳優やクリエーターが相次ぎ、#ActorsWithDayJobs(定職を持っている俳優)というハッシュタグがツイッターでトレンド入りした。

全米芸術基金(NEA)が2014年に発表した調査によると、本職が別にあり2つ目の仕事として芸術家をしているという人の割合は、全芸術家の11.6%を占めた。ここでいう芸術家には、アナウンサーやデザイナー、プロデューサーなど多様な職業が含まれる。俳優だけに限ると、俳優業以外の仕事を本職としている人の割合は20.8%と倍近くになった。NEAが「本職」と定義しているのは、「その人が最も長い時間就労している仕事」であり、本職が俳優であってアルバイトを別にしている人はこの数字に表れていない。そのため、どちらが本職にせよ食べていくために「二足の草鞋を履いている俳優」とすると、この数字はもっと高くなる可能性が大きい。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    海外の富裕層は財布代わりに「ジップロック」 風水で…

  • 10

    男のあごひげには犬の体毛より多くの細菌が存在する…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月