注目のキーワード

労働

ニューズウィーク日本版『労働』に関する記事一覧

知っておきたい公的年金の将来見通し──保険料の引上げ停止がもたらす未来
年金

知っておきたい公的年金の将来見通し──保険料の引上げ停止がもたらす未来

<将来年金を受け取る日本人にとって死活的に重要な「マクロ経済スライド」と、年金の厳しい明日がよくわか...

2019.10.18
日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰退への一手を打った法律とは?
日本経済

日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰退への一手を打った法律とは?

オックスフォード大学で日本学を専攻、ゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名...

2019.10.11
雇用延長で老後の生活水準はどうなるか
老後資金

雇用延長で老後の生活水準はどうなるか

<一般的な夫婦が老後生活していくために必要な資金は2,000万から3,000万円と言われるが、退職を...

2019.10.04
「地球にやさしい」労働時間は、週9時間!?
気候変動

「地球にやさしい」労働時間は、週9時間!?

<英国の独立系シンクタンクは、気候変動を抑えるためには、1週間あたりの労働時間は週9時間程度にまで削...

2019.10.04
フルタイムで働いても非正規では大半がワーキングプアなのが日本の現実
日本社会

フルタイムで働いても非正規では大半がワーキングプアなのが日本の現実

<定められている最低賃金では「普通の暮らし」をすることさえおぼつかない> 雇用労働が普及した現在で...

2019.08.14
インド経済成長率7%は「水増し」との衝撃暴露
インド

インド経済成長率7%は「水増し」との衝撃暴露

<政府の元経済顧問が独自の調査報告書を発表──現実のインド経済はどん底の状態にある> 14年には米...

2019.07.26
        
韓国、2020年の最低賃金の引き上げ率2.87%が「惨事」と言われる訳
韓国を読み解く 金 明中(ニッセイ基礎研究所)

韓国、2020年の最低賃金の引き上げ率2.87%が「惨事」と言われる訳

<最低賃金を引き上げることで所得と消費を増やすのが文大統領の公約だったが、韓国に多い零細自営業者が人...

2019.07.23
日本の教員は世界一の長時間労働なのに、そのうち授業時間は半分以下
教育

日本の教員は世界一の長時間労働なのに、そのうち授業時間は半分以下

<先進国の国際比較で、日本の教員の勤務時間は最も長いが、授業時間は国際平均より短い> OECD(経...

2019.07.17
韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企業は潰れるべき
日本経済

韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企業は潰れるべき

オックスフォード大学で日本学を専攻、ゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名を...

2019.07.11
公取委委員長、コンビニ本部の契約見直し拒絶は「優越的地位濫用のおそれ」
労働

公取委委員長、コンビニ本部の契約見直し拒絶は「優越的地位濫用のおそれ」

公正取引委員会の杉本和行委員長は25日の記者懇親会で、コンビニエンスストアの24時間営業問題に関連...

2019.06.25
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら