注目のキーワード

労働

ニューズウィーク日本版『労働』に関する記事一覧

フルタイムで働いても非正規では大半がワーキングプアなのが日本の現実
日本社会

フルタイムで働いても非正規では大半がワーキングプアなのが日本の現実

<定められている最低賃金では「普通の暮らし」をすることさえおぼつかない> 雇用労働が普及した現在で...

2019.08.14
インド経済成長率7%は「水増し」との衝撃暴露
インド

インド経済成長率7%は「水増し」との衝撃暴露

<政府の元経済顧問が独自の調査報告書を発表──現実のインド経済はどん底の状態にある> 14年には米...

2019.07.26
        
韓国、2020年の最低賃金の引き上げ率2.87%が「惨事」と言われる訳
韓国を読み解く 金 明中(ニッセイ基礎研究所)

韓国、2020年の最低賃金の引き上げ率2.87%が「惨事」と言われる訳

<最低賃金を引き上げることで所得と消費を増やすのが文大統領の公約だったが、韓国に多い零細自営業者が人...

2019.07.23
日本の教員は世界一の長時間労働なのに、そのうち授業時間は半分以下
教育

日本の教員は世界一の長時間労働なのに、そのうち授業時間は半分以下

<先進国の国際比較で、日本の教員の勤務時間は最も長いが、授業時間は国際平均より短い> OECD(経...

2019.07.17
韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企業は潰れるべき
日本経済

韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企業は潰れるべき

オックスフォード大学で日本学を専攻、ゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名を...

2019.07.11
公取委委員長、コンビニ本部の契約見直し拒絶は「優越的地位濫用のおそれ」
労働

公取委委員長、コンビニ本部の契約見直し拒絶は「優越的地位濫用のおそれ」

公正取引委員会の杉本和行委員長は25日の記者懇親会で、コンビニエンスストアの24時間営業問題に関連...

2019.06.25
小学生に憧れの「YouTuber」その厳しい現実 ゆたぼんの革命は成功するか?
日本社会

小学生に憧れの「YouTuber」その厳しい現実 ゆたぼんの革命は成功するか?

不登校の小学生YouTuber「少年革命家ゆたぼん」が話題だ。現在10歳の彼が不登校になったのは、大...

2019.05.21
中途採用者の能力をすばやく発揮させる手法「オンボーディング」とは何か
キャリア

中途採用者の能力をすばやく発揮させる手法「オンボーディング」とは何か

新年度を迎え1カ月が経った。年度の変わり目は転職にも都合のいいタイミングなので、学校を卒業したばかり...

2019.05.17
「仕事辞めたい」 本当に辞める前にすべき1つの質問
キャリア

「仕事辞めたい」 本当に辞める前にすべき1つの質問

<漠然とした気持ちのまま会社や学校を辞めてしまったら、後悔するだけでなく、同じことを繰り返す羽目にな...

2019.05.09
人口激減時代を迎える日本で、上がらない労働効率
労働

人口激減時代を迎える日本で、上がらない労働効率

<総人口、生産年齢人口ともに今後急減する日本社会では、働き方の質を変えて労働効率を高めなければ国際競...

2019.04.24
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら