最新記事

イギリス

拾った財布、機転を利かせて持ち主に返した驚きの方法

2019年10月24日(木)15時15分
松丸さとみ

「財布が寂しそうに道路に落ちていた」...... Rattankun Thongbun-iStock

<ロンドンで、持ち主を特定できる情報がほとんど入っていない財布を拾った人の機転のおかげで、財布は無事に、落とし主の元に戻ってきた。その方法とは......>

2割の財布しか戻ってこない英国での奇跡

財布をどこかに落としたら、残念だが戻ってこない可能性は高い。財布5つにつき1つの確率でしか返ってこないとされる英国ではなおさらだ。しかし英ロンドンでこのほど、持ち主を特定できる情報がほとんど入っていない財布を拾った人の機転のおかげで、財布は無事に、落とし主の元に戻ってきた。

財布を無くした男性、ティム・キャメロンさん(30)がツイッターで明かした、拾い主が自分を見つけ出して連絡してくれた驚きの方法が話題になっている。


英ニュースサイトiNewsによると、キャメロンさんはロンドン北部イズリントンの自宅から東ロンドンのショーディッチにある職場まで、自転車で通っている。ある日、帰宅して自転車を駐めたとき、財布が無くなっていることに気づいた。道路に落ちていないか職場までの道のりを戻ったが、見つけられなかった。

ショーディッチに到着したキャメロンさんは、カードをキャンセルしようと銀行に行った。そこで、自分の口座に超小額が複数回にわたり送金されていることに気づいたという。

わずか18文字の照会欄を駆使

キャメロンさんがツイートの中で説明した驚きの方法はこうだ。自分の銀行口座に、1ペンス(約1.4円)ずつ、4回振り込まれていた。送金時に、照会番号などを18文字まで記入できる欄がある。財布を拾った人は、キャメロンさんの財布に入っていたキャッシュカードに記載されていた口座に送金することで、この欄に18文字×4回分の文字でメッセージを送ってきたのだ。4回分のメッセージをつなげると、このように書かれていたという。

「ハーイ。道路であなたの財布を拾いました。(電話番号)にテキストメッセージか電話をして!」

キャメロンさんは、この番号に電話して相手の住所を教えてもらい、すぐに自転車で向かったとiNewsに話している。お礼に赤ワインを途中で買ったそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イスラエル首相、来週訪米 中東和平案協議の公算

ワールド

WHO、新型肺炎で緊急事態宣言見送り 情勢は緊密に

ワールド

中国河北省で新型肺炎患者死亡、武漢以外で初 国内1

ワールド

独首相、5G業者選定は「多様化重要」 1社完全排除

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

  • 5

    「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    ヘンリー英王子夫妻、王室離脱後の「人生設計」は?

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 6

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 7

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    韓国の自動車が危ない?

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月