最新記事

イギリス

拾った財布、機転を利かせて持ち主に返した驚きの方法

2019年10月24日(木)15時15分
松丸さとみ

「財布が寂しそうに道路に落ちていた」...... Rattankun Thongbun-iStock

<ロンドンで、持ち主を特定できる情報がほとんど入っていない財布を拾った人の機転のおかげで、財布は無事に、落とし主の元に戻ってきた。その方法とは......>

2割の財布しか戻ってこない英国での奇跡

財布をどこかに落としたら、残念だが戻ってこない可能性は高い。財布5つにつき1つの確率でしか返ってこないとされる英国ではなおさらだ。しかし英ロンドンでこのほど、持ち主を特定できる情報がほとんど入っていない財布を拾った人の機転のおかげで、財布は無事に、落とし主の元に戻ってきた。

財布を無くした男性、ティム・キャメロンさん(30)がツイッターで明かした、拾い主が自分を見つけ出して連絡してくれた驚きの方法が話題になっている。


英ニュースサイトiNewsによると、キャメロンさんはロンドン北部イズリントンの自宅から東ロンドンのショーディッチにある職場まで、自転車で通っている。ある日、帰宅して自転車を駐めたとき、財布が無くなっていることに気づいた。道路に落ちていないか職場までの道のりを戻ったが、見つけられなかった。

ショーディッチに到着したキャメロンさんは、カードをキャンセルしようと銀行に行った。そこで、自分の口座に超小額が複数回にわたり送金されていることに気づいたという。

わずか18文字の照会欄を駆使

キャメロンさんがツイートの中で説明した驚きの方法はこうだ。自分の銀行口座に、1ペンス(約1.4円)ずつ、4回振り込まれていた。送金時に、照会番号などを18文字まで記入できる欄がある。財布を拾った人は、キャメロンさんの財布に入っていたキャッシュカードに記載されていた口座に送金することで、この欄に18文字×4回分の文字でメッセージを送ってきたのだ。4回分のメッセージをつなげると、このように書かれていたという。

「ハーイ。道路であなたの財布を拾いました。(電話番号)にテキストメッセージか電話をして!」

キャメロンさんは、この番号に電話して相手の住所を教えてもらい、すぐに自転車で向かったとiNewsに話している。お礼に赤ワインを途中で買ったそうだ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

郵政、ゆうちょ株下落で3兆円の減損 連結業績に影響

ビジネス

レオパレス21が米ファンドから572億円調達 債務

ビジネス

楽天の5Gは月2980円 三木谷氏「タダ5G」とア

ビジネス

米シェールオイルのオアシス・ペトロリアム、破産法の

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 8

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 9

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 10

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月